もう待ちきれない…! 女性からさりげなくエッチに誘う4つのコツ!

viral

lgf01b201306241400

交際がスタートして数ヶ月。ギュッと抱きしめられたり、手を繋いだことはあるけど、エッチに繋がるお誘いはまだ…。
「私って、オンナの魅力に欠けるのかな?」
いえいえ。なかなか進展しないのは、あなたのガードがちょっぴり固いから、ただそれだけかもしれませんよ。
そこで今回は、恋する乙女のために、「女性からさりげなくエッチに誘うコツ」をご紹介します。

1.積極的にスキンシップをとるべし!

「オトコって単純だから、どんなに疲れているときでも、彼女に触れられるとドキッとしちゃう」(28歳/メーカー)
何度デートを重ねても、スキンシップが少ないとなかなかエッチに繋がりにくいもの。男性も「嫌われたらどうしよう」「手を出していいのかな」と、自分から触れるには、ちょっぴり臆病になってしまうそうです。
そんなカレに“GOサイン”を出すには、疲れたカラダを徹底的にマッサージしてあげるのがベスト!
肩や背中をしっかり揉み解したあと、足や腰、内腿の方へ手を伸ばしていけば…自然とエッチな雰囲気になるはずですよ。

2.酔ったフリをして「とことん」甘えるべし!

「いつもクールな彼女が、お酒が入るとデレデレに…。やっぱり好きな女性に甘えられると、自分だけのものにしたい気持ちが強くなる」(29歳/金融)
男性は強がっている女性よりも、ちょっと頼りなくて「守ってあげたい」「俺がなんとかしてあげないと」と思わせるか弱い女性にドキッとするもの。お酒が入ってふにゃっとした姿を見ると、なんともいえない気持ちになるんだとか。
シラフの状態では恥ずかしくて…。そんな女性は、とことん酔ってからカレに甘えてみてはいかがですか? 隙だらけのかわいいあなたを目の前にしたら、どんなに奥手な男性でも“オトコ”にならないはずがありませんよ。

3.「もう間に合わない・・・」終電はわざと逃すべし!

「『今日は帰りたくない』ってお泊りデートに誘われるのも悪くないけど、『終電間に合わなかった』って落ち込む彼女の方が可愛らしいし、一緒にいたいって思う」(29歳/建築)
お泊りデートに誘いたいとき、女性が口にしがちな「今日は帰りたくない」「ずっと一緒にいたい」というセリフ。
実はコレ、一歩間違えると“尻軽オンナ”認定されてしまう地雷ワードのひとつなんです。
あなたのイメージを壊さずに、自然な流れでお泊りするには、頑張ったけど終電に間に合わなかった…というシチュエーションを作るのが1番。
落ち込んだあなたを喜ばせようと、カレが優しい声をかけてくれるはず。その流れで自然にお泊りコースです。

4.キスした流れで、耳元で「すき」と囁くべし!

「耳元で『○○くん、大好き』って言われたとき、ブレーキが利かなくなって襲いかかったことがある」(26歳/公務員)
甘い口づけで終わらせないためには、ちょっとしたテクニックも必要です。キスしたときに首筋にスーッと移動して、耳元でカレの名前を囁いてみて!
大抵の男性は、一瞬で理性がぶっ飛んで“オス”の本能がむき出しになるはずです。いい雰囲気になるのに、そこからエッチに繋がらない女性は、一度お試しあれ…。

おわりに

いかがでしたか? ふたりの関係を進展させるには、恥じらいを忘れてアプローチすることも大切です。カレがエッチに誘いやすい隙を作って上げてくださいね。

引用元:ハウコレ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます