げっ、汚いっ!なんてもう言わせない!意外と見られている○○の中身!

viral

91c5a6ca0f71e4f8885bce9afecbfb59_s

 

片づけが苦手な皆さん、「部屋さえ見られなければ大丈夫!」なんて思っていませんか? 実は、毎日使っているアレが原因で、あなたのズボラさが周りにバレているかもしれません。

そこで今回は、“ズボラ女子がバレちゃう……化粧ポーチの中身5つ”をご紹介します。

 

■1:マスカラたっぷりのコーム

マスカラを塗った後、ダマにならないようコームをお使いの方も多いのでは? しかし、そのまま拭き取らずにいると、コームにマスカラが固まって、“まつ毛をとかす”という本来の役目を果たせなくなってしまいます。

2~3度使用したら、アイメイクリムーバーで拭き取るようにすると、すぐに元通りの状態で使用することができますよ。

 

■2:お粉がべったりのブラシ

チークブラシやシェーディング、ハイライトブラシなどのお手入れはしていますか? そのままにしておくと、お粉が入り込んで固まってしまうことも……。

使用後は、一手間かけてティッシュオフするだけで、次からもキレイなまま使用できます。

 

■3:ポーチに直接スポンジやパフをイン

意外と多いのが、ポーチに裸のままのスポンジやパフを入れているという方。肌に直接つけるスポンジやパフをそのまま入れっぱなしというのは、衛生的にもあまり良くありませんよね。

おススメは、小サイズのジップロックに入れるという方法です。消耗品でもあるスポンジやパフは、汚れたら即変えることを心がけて、少しでもお肌を労わりたいもの。

 

■4:年季の入ったパフ

毎日使うパフは、あっという間に汚れてしまうもの。お手入れも大変ですよね。しかし、同じ女性同士なら、その人がキチンとお手入れをしているか一瞬でジャッジされてしまう、“怖~いメイク道具”でもあるのです。

パフが茶色く変色してる、粉が固まってひび割れているのは論外! 雑菌が繁殖している可能性もあるので、汚れたらすぐに専用クリーナーや中性洗剤で洗うようにしましょう。

 

■5:ボロボロゴムのビューラー

「ビューラーをしても、カールがきちんとつかない……」というのは、もしかしたらその原因が、ビューラーのゴム部分にあるのかもしれません。汚れてボロボロになったゴムでは、カールが思うようにつかないばかりか、まつ毛を傷める大きな原因に。

ゴムに線が入ったら取り替え、またビューラー本体も2~3回ゴムを替えたら、併せて交換するのが目安ですよ。

 

いかがでしたか? 毎日使うものだからこそ、キチンとさんとズボラさんの差が大きく出てしまいます。ぜひ一度、ご自身のポーチを見直してみて下さいね。

 

引用元:美レンジャー

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます