恋愛してますか?カレシいない歴1年以上の女子に忠告!4つの気を付けたいこと

viral

dfc99e68d363f26f206998e690a6766b_s恋人のいない状況が1年以上続くと、良くも悪くもそれに慣れてしまうことがあります。1人でいることの気楽さと寂しさの両方に馴染んでしまうのです。

そんな女子にも、「このままじゃいけない」と思う時が来ます。その時が問題。恋愛からしばらく遠ざかっていた分、不器用になっていたり、ついつい焦ってしまったり。

ブランクがあるからこそ、気をつけたいポイントを4つにまとめてみました。

◆まずはウォームアップから

ビビっとくることは、確かにあります。そんな直感も大切にしたいけれど、ちょっと待って。1年以上ぶりの恋にいきなり本気になって、どんどん即決していかないようにしましょう。どんなに相手との相性の良さを感じたとしても、ある程度の時間をかけ、段階を踏んだ付き合いで恋愛モードのウォームアップをするのをお忘れなく。

◆慎重になりすぎない

即決して突っ走らないように気をつけるのも大切ですが、同時に、慎重になりすぎないことも必要です。矛盾しているようですが、慎重すぎてはウォームアップさえ始められませんね。そこで、真剣すぎないデートの繰り返しをおすすめします。何回か何人かとのデートをしていけば、恋愛の勘が戻り女子としても磨かれ、本当の恋愛に出会いやすくなるはずです。

◆恋の新鮮さを楽しむ

久しぶりの恋では、忘れていた感覚にいろいろと気づかされます。自分の恋愛ブランクに引け目を持っていると、この感覚を隠そうとして無謀な恋愛に突っ走ってしまったり、拒絶反応を示したりと、極端な行動に出てしまう可能性があります。久しぶりなら、それらの感覚は当たり前です。過剰反応せず、それを楽しむくらいの余裕を持つと、毎日がワクワク楽しくなります。

◆1:1にこだわらない

恋人が欲しい!彼氏いない歴を早く消したい!そう思っても焦りは禁物。まずは、自分の周囲に恋愛対象となりうる男性の数を増やしましょう。女子会ではなく合コンへ、家でゴロゴロではなくサークル活動へと方向を変え、幅を持たせることで、出会いの数が増えていきます。

いかがでしたでしょうか?

1人でいることや女子同士の集まりも確かに気楽で楽しいけれど、好きな人がいるワクワクドキドキ感も捨てたものじゃないですね。その感覚を思い出して、久しぶりの恋愛をゆっくりと吟味して味わいましょう。(モデルプレス)

 

引用元:biglobeニュース

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます