ちょっと待った!夏は涼しい部屋でのんびり好きの女子!身体が冷えきっていませんか?『夏冷え』対策してますか?!

viral

natuhieクーラーが効きすぎて寒い、夏なのに手足が冷たい……。女性の多くが「夏の冷え性」に悩んでいます。今や冷えは冬限定の症状ではありません。そこで今回は、夏冷えに関するメカニズム、対処法を専門家の先生に教えていただきました!


【今回のお悩み】

●夏の冷えに悩んでいます!

クーラーにあたりすぎると卵巣が痛くなります。食欲もなくなります。毎年のことなので本当に困っています。クーラー病対策で大事なことを教えてください。(29歳女性/建築・土木/事務系専門職)

◆夏に身体が冷えてしまうのはなぜ?

夏の体調不良を引き起こす原因のひとつが、クーラーによる冷え(夏冷え)と、その結果もたらされる自律神経機能の低下です。

外気温が35度近くまで上がる屋外と、クーラーで冷え切った室内を行き来していると、激しい温度差に身体がついていけなくなり、体内のリズムが狂ってしまいます。

本来、暑い夏になると身体は、汗をかいて体温を調節したり、体内の老廃物を流したりしてきました。しかし、クーラーの効いた室内にいることが多いと、身体が汗をかきにくくなり、体内に老廃物が蓄積したり、本来体に備わっている体温調節を行う自律神経機能が低下してしまうのです。

とくに1日の長い間、クーラーの効いた室内で過ごし、「暑いから」と冷たい飲み物を多く摂取していると、身体は深部まで冷え切ってしまいます。

すると自律神経のバランスが崩れ、体温調節がうまくいかなくなったり、血流が悪くなったり、消化機能や代謝、免疫力などが低下したりします。その結果、手足が冷えたり、風邪をひきやすくなったりといった不調が出やすくなるのです。

何となくだるさを感じる、疲れが抜けない、食欲がない、下痢気味になるといった症状が引き起こされることもあります。

冷えによる血行不良は、卵巣機能の低下にもつながり、ホルモンのバランスが崩れることもあります。冷えによって「卵巣が痛くなる」ことはありませんが、腸が冷えることによって腹痛の症状が出やすくなります。

 


◆あなたは大丈夫? 10つのチェックリストで確認しよう

自分が夏冷えになっているかがわかるチェックリストを用意しました。何個当てはまるか、ご自身の症状をチェックしてみましょう。

【チェック項目】

1.常に手足が冷えている
2.いつも素足&薄着で過ごしている
3.あまり汗をかかない
4.冷たい飲み物ばかりとっている
5.入浴はシャワーでサッとすませる
6.夏になるとおなかをこわしたり風邪をひいたりしやすい
7.朝起きたときにだるさが残っている
8.一日中冷房が入った部屋で過ごしている
9.一日の大半を座って過ごしている
10.肉や魚をあまり食べない

【結果】

◆0〜1個:問題なし
◆2〜7個:早めに生活改善を心がけましょう
◆8〜10個:要注意。ただちに冷え対策をしましょう


◆夏冷え解消に向けた4つの習慣

夏の冷えを解消するための生活習慣をご紹介します。

1.上着や靴下で身体を温める
東洋医学では首・おなか・足首の3点を冷やしてはいけない、と言われています。首にストールを巻いたり、おなかにカイロを貼ったり、足首まで長さのある靴下を履いたりすると、身体を内側から温めることができます。

2.身体が温まる食事をする
温かいものや発酵食品、根菜類、精製されていないものなど、身体を温める食べものや飲みものを摂取しましょう。冷たいものや暑い地方・暑い時期に摂れる食材、砂糖など、身体を冷やす食べ物や飲み物は避けてください。

3.お風呂やマッサージなどで血行をよくする
身体の血行をよくする習慣を身につけることが大事です。たとえば、お風呂はシャワーで済ませるのではなく、ぬるめのお湯を張った湯船に30分以上しっかり浸かりましょう。上半身に比べて体温が低い足をじんわりと温める足湯、血流がアップするアロマオイルでのマッサージもオススメです。

3.軽いストレッチや運動を毎日行う
運動で汗をかくことも、代謝を上げて、血液循環をよくするためには必要です。また、運動不足になると筋肉の働きが低下してしまいます。その結果、体内で作られる熱量が少なくなり、夏冷えになる可能性が高くなります。

夏冷えを解消するために欠かせないのは、規則正しく健康的な生活習慣! 今日からでもできることばかりなので、暮らしに取り入れてみてくださいね。

 

 

引用元:マイナビウーマン

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます