【必見】小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選

viral

甘くて油もたっぷりな間食は、つい手を伸ばしたくなりますが、それらはダイエットや健康にとって敵! でも、どうしても我慢できないという時もありますよね。

ここでは、ボディメイキングアドバイザー・森弘子さんの著書『8秒美ボディメイキングくびれ&上げ』から、間食するならこれにしたいという食品をご紹介します。ポイントは脂質と糖質。あくまでも食事の一貫として考えることが大事ですよ。

 

■1:全粒粉パン・ベーグル・バゲット

血糖値が急上昇しない全粒粉を使ったパンがオススメ。

 

■2:焼き芋

食物繊維が豊富で、少量でも食べ応えあるさつまいもは優秀なおやつです。

 

■3:バナナ

栄養豊富なバナナは、食べるとすぐに活動のエネルギーになる食材と言われます。

 

■4:せんべい

昔ながらの醤油せんべいは脂質が低く、ヘルシー。揚げてあるものはNGです。

 

■5:魚肉ソーセージ・チーズ入りかまぼこ

コンビニエンスストアでも買える非常食として役に立ちます。

 

■6:無塩無糖ミックスナッツ

無塩無糖でローストしただけのミックスナッツは、カロリーもほどほどで栄養価が高い食品。

 

■7:ビターチョコレート

カカオの含有量が高いチョコレートは、ポリフェノールなど抗酸化物質が豊富です。

 

■8:枝豆

たんぱく質が豊富な大豆は積極的に摂りたい食品。

 

■9:無糖ドライフルーツ

ドライフルーツを選ぶ時は、糖分を加えていないものをチョイス。食べ過ぎないように注意しましょう。

 

■10:ヨーグルト

ヨーグルトは無糖のものを選びます。ドライフルーツと合わせれば、朝食代わりになる食材です。

 

森さんいわく、「マーガリンなどに多く含まれるトランス脂肪酸や精白された糖質を避けて、たんぱく質やオメガ3、オメガ6などの良質な脂質、ビタミン、ミネラルが豊富なものを選びましょう」とのこと。

体にプラスになるものを選んで、ダイエットのサポートにするのが正しいおやつ。ただ小腹を満たすだけでなく、不足しがちな栄養を摂るということを考えて選べば間違いありません。

引用元:美レンジャー

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます