「努力して痩せた芸能人3人」美貌キープのヒミツ

viral

モデルのボディは、もともと一般女性とはかけ離れた美しさがあって、生まれつきのもの、と私たちは決めつけがちです。でも、女性が理想とする彼女たちの中には、絶え間ない努力を重ねて、現在の美を手に入れた人だっているんです。

そんなモデルたちがどんな努力をして現在まで至ったか、その事例をブログ等を参考に見ていきましょう。

 

■1:ローラ

日本人離れした完璧なボディの持ち主、ローラも、実は努力を絶やさない人。自分は太りやすい体だと告白しており、ウエストラインがふっくらしている姿がテレビ番組で放送されると、「ローラが太った」とネットで噂されてしまうほどです。

でも栄養バランスのとれた手作り料理をできるだけ用意したり、キックボクシングを行ったりと、忙しい生活なのに体型維持にいつも気を配っていることは有名です。

ローラが日々ボディキープに励んでいる方法は「努力家“ローラ”をマネっこ!夏までにキレイに痩せる6つの習慣」で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

 

■2:中村アン

健康的な美しさが印象的な中村アンは、学生時代に60㎏まで体重が増加した時期があったことが知られています。それからは和食中心の生活に変えたりランニングを行ったりしてダイエットをしたそうです。

現在はジムに定期的に通ってトレーニングを行い、ただ細いだけじゃない、しなやかな筋肉がついた理想的なボディをキープしていることは周知のとおり。「鍛えることは日常だ!」と言い切るほど、ドラマやテレビなどの仕事の合間をぬってトレーニングを欠かしていないことが、彼女のブログやSNSからもよくわかります。

 

■3:ダレノガレ明美

バービー人形のような顔だちとメリハリボディを持ち合わせたダレノガレ明美は、テレビに出始めた頃は今よりもムチっとしたボディで、学生時代にはもっと太っていたと告白しています。

そんな彼女のダイエット法はウォーキングなどの運動と野菜中心の食生活にすること、さらにココナッツオイルを使った風呂上りのマッサージなどを組み合わせています。

ブラジル人の血が流れている彼女は、太りやすい体質であると自分で認識し、今でも「あの頃には戻りたくない」と体作りとケアに励んでいます。

 

一般女性のほとんどがダイエットをしては、挫折や失敗を繰り返していることでしょう。でもそれは、今理想の体になったモデルたちだって同じこと。それを知ると、私たちも今よりもっと頑張れるかもしれないですね。

引用元:美レンジャー

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます