ヤバイ!モテ過ぎて怖い…「モテ期」だらけ、「1年間で9人から告白された」→経験者が語るモテ期の法則

viral

eye1
誰にでもモテ期は「一生のうちに三度訪れる」などとよく言いますよね。みなさんはすでに体験済みでしょうか? モテ期といっても、その内容は人によってさまざま。中には、ちょっと驚くようなすごいモテ期を体験した女性もいるようです。そんな女性たちが語るモテ期自慢とは……?

■三度どころか……(モモエさん/32歳/出版)
「モテ期は一生の間に三度やってくるとか言いますよね。でも、私の場合にはすでに10回くらい経験しています。今思い返してみて、最初のモテ期だと思うのは高校2年のとき。当時、私はひとつ上の先輩に片思いをしていて、バレンタインに告白をして見事に玉砕。失恋のショックで食が細くなってしまって……。少し痩せたんです」

スタイルがよくなったためか、それとも失恋によってキレイになったためか? モモエさんは玉砕から1カ月の間に、3人の男性から告白されたそうです。

「次は、大学に入ったとき。慣れない一人暮らし生活がスタートして、学校、バイト、家事で忙殺されていた私。同じ授業をとっていた同回生や、バイト先の先輩男性などから、立て続けに告白されました。その次は大学4回生。大学院へ進むための試験勉強をしているときでしたね。次は、大学院を出てから、社会人1年目のときです」

こうして、数年ごとに繰り返されるモテ期を体験してきたというモモエさん。何度も経験するうちに、ちょっとした法則があることに気づいたのだとか。

「失恋をしたとか、忙しくなったとか、何か理由があってちょっと体重が落ちたときに、モテ期がやってくるような気がしますね。日ごろから太らないようには気をつけていますが、そこからさらに少し痩せたときです。自分としては、あまり体調がよくないと感じているときなので、ちょっと複雑ではありますが……」

なんとモモエさんのモテ期は、彼氏がいるときでもおかまいなしにやってくるのだそう。数年周期で、よりどりみどり。うらやましい限りです……。

■幅広い年齢層!(キヨカさん/28歳/製造メーカー)
「私の人生最大のモテ期は、今の勤務先に入社したとき。勤め先は規模の小さなメーカーです。私は24歳で入社したのですが、当時20代の女性社員は私ひとりだけ。ほかに女性といえば、40代の女性が数人いるだけでした」

周囲はほとんど男性社員という環境。そこへ、24歳のキヨカさんが突然登場して、男性社員たちが色めきだったことは、言うまでもないでしょう。

「まず、20代の独身男性数名から、ひんぱんに『2人で食事に行こう』というお誘いがありました。タイプの男性はいなかったので『じゃあ、みんなで行きましょう』と言ってかわし続けましたが……。それから、42歳の上司からお誘いがあったときは驚きました。その上司は既婚者だったんです。もちろん、丁重にお断りしました」

入れ替わり立ち替わり誘ってくる男性社員たち。仕事終わりに呼び止められ、真剣に告白されたこともあったそうです。

「告白してくれた人の中には、18歳のアルバイト男性もいました。上は42歳の上司から、下はアルバイトの18歳まで。こんなに幅広い年齢層の男性から一度にモテるなんて、思ってもみませんでした」

結局、同じ職場で交際に発展する男性は現れず。幸い、振ったあとで態度を変えるような男性はいなかったそうで、今でも楽しく勤務しているというキヨカさん。プライベートでは学生時代の同級生と交際中で、結婚のお話も出ているそうです。

■選び抜かれた男!(サエさん/30歳/アパレル)
「自慢話になりますが……。実は昔、一年間で9人の男性から告白されたことがあります。私が大学4回生のときです。高校のときの同級生、同じ学校の男友だち、バイト先の社員さんなど、いろんな知り合いから一度に告白されて、なんだか信じられないような気持ちになったことを覚えています」

それほど仲がよかったわけでもないのに、突然告白されることもあったそう。

「お断りするというのも、なかなか精神的なダメージがありますね。立て続けだったので、最後のほうは正直面倒になってしまって……。別に好きな人などはいませんでしたが、とりあえず全員お断りしました。でも、その中でひとりだけ、振ったあとも気になって仕方ない男性がいたんです」

どうやら、一度は断ったものの、サエさんはひとりの男性に対して恋心が芽生えてしまったそう。

「だから、一度お断りしたことを謝って、私からあらためて交際を申し込みました。結果はOK! その男性こそ、現在の夫です」

9人の男性から選び抜かれた旦那さま。きっとすてきな方なのでしょうね。

いずれもうらやましいお話ばかり。「こんなモテ期なんて、私には来ていないし、来るはずもない!」と思った女性も多いのでは? しかし、今までに経験していないのであれば、これからやってくる可能性アリ。そのチャンスを逃さないように、女を磨いておきましょう!

※画像は本文と関係ありません

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

引用元:Peachy

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます