【東京ディズニーリゾート】ハロウィーンは空いてる9月中が狙い目!混雑がヤバイのはこの日だ!

viral

東京ディズニーリゾートの2014年9月の混雑傾向の解説です。ハロウィーンイベント期間は連休・休日が多く、週末は非常に混雑します。
それに加えて注意をしなければならないのは、月曜日など休日明けの混雑です。

©Disney

東京ディズニーリゾートの2014年9月の混雑傾向の解説です。ハロウィーンイベント期間は連休・休日が多く、週末は非常に混雑します。それに加えて注意をしなければならないのは、月曜日など休日明けの混雑です。

 

ハロウィーンイベント期間は9月なら比較的空いている

「ディズニー・ハロウィーン」が開催される9月・10月は1年の中でも混雑する時期になりますが、9月中であればまだ余裕のある混み具合になります。

今年は東京ディズニーシーではハロウィーンイベントで2つの新ショーが公演されます。

一方、東京ディズニーランドでは依然キャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」が人気なことに加えて、リニューアルオープンとなる「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」が控えています。

そのため、どちらのパークに混雑が偏るということは無さそうです。

9月は大きく分けて、ハロウィーンイベントスタート前(1日~7日)、ハロウィーンイベント序盤(8日~19日)、シルバーウィーク周辺(20日~30日)に分けることができます。

ハロウィーンイベント前は入園者数も少なく、空いている時期になります。ハロウィーングッズ発売初日(1日、5日)、東京ディズニーシーのレギュラーショー終演日(7日)など、一部混雑する要素はありますが、アトラクションは空いている時期と言えるでしょう。

ハロウィーンイベントがスタートすると、10月に向けて混雑していきます。ハロウィーンイベント最初の1週間は、東京ディズニーランドが全身仮装期間となるため、入園者数は多くなります。

それでもこの時期であれば、9月下旬や10月に比べると空いていると言えるでしょう。

下旬のシルバーウィーク周辺に関しては後述しますが、今年は大型連休とはならないため大混雑にはならないと思われます。もっとも、9月の他の時期と比べるとやや混雑しそうです。

9月7日終演の東京ディズニーシー「レジェンド・オブ・ミシカ」は大変な混雑

©Disney

東京ディズニーシーでは、2006年から8年に渡って公演されてきたデイハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」が9月7日に公演終了となります。

8月下旬頃から見納め目的の方が非常に多く、16時30分スタートのこのショーを開園から待っている方も多いです。夏イベントが終了し、他にショーがない9月1日~7日の期間も開園から待つ方がとても多くなりそうです。

アトラクション目当てであれば影響はありませんが、このショーを見ることを目的としている方は長時間のショー待ちを覚悟する必要がありそうです。

また、この期間では9月1日にハロウィーングッズ、東京ディズニーシー13周年グッズが、9月5日にダッフィー関連のグッズが発売されます。

近年、グッズは発売初日に人気商品が品切れになることが多く、グッズを手に入れようとコアなファンが多く来園します。「レジェンド・オブ・ミシカ」の終演も相まって、混雑が予想されます。

もっとも、これらのグッズやショーを目当てにするゲストと、アトラクションを多く回るゲストでは層が異なるため、アトラクションの混雑にはほとんど影響が無いと思っていいでしょう。

 

今年のシルバーウィークは飛び石連休!混雑の心配は無さそう

9月中旬から下旬にかけてはシルバーウィークがあります。今年は23日が祝日になるのみで、大型連休にはなりません。

このような飛び石連休の場合、混雑が分散するためどの日でも大混雑にはならない反面、間の平日を含めて平均的な混雑になることが多いです。今年の日程だと、22日が休日並みの混雑になりそうです。

また、この時期は秋休みになるところも多いため、24~26日も他の週の平日に比べるとやや混雑する可能性があります。

下旬の月曜日など休日明けは、平日とは思えない混雑に注意

©Disney

9月で注意しなければならないのが、月曜日などの休日明けの混雑です。土日を避けても、この休日明けは土日と同じ程度の混雑になる可能性があります。

9月下旬~10月中旬にかけては、運動会・体育祭・文化祭といった学校行事が集中する時期になります。そのため、学校行事で代休になる休日明けにパークに来園される方が多く、毎年この時期の休日明けはとても混雑します。

平日なら空いていると思っていると、思わぬ混雑に遭遇してしまうことになります。予定を調整して空いている平日を狙って行こうと考えている方は、休日明けの平日は避けたほうがよいでしょう。

逆に、学校行事の代休等でパークに来園される方は、平日とは思わないで予定を考えるとよいでしょう。特にこのような日はチケットブースが混雑するため、事前にそのまま入園できる前売り券を購入しておくと安心です。

 

要注意日のまとめ

■入場制限(当日券の販売見合わせ)の可能性
13日(土・三連休初日)、14日(日・三連休中日)、27日(土)

■平日でも土日並みの混雑になる可能性
22日(月・休日の合間)、29日(月)

例年、10月に入るとさらに混雑するようになるため、9月中に混雑日を避けて、ぜひハロウィーンイベントを楽しんでください!

 

引用元:dmania

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます