「汚ねっ!!」と男子にドン引きされる、女子の「汚部屋」OK/NGボーダーラインが判明!!

viral
photo credit: Roobee

すっかり一般化した「汚部屋」という言葉。まさに字の通り「汚い部屋」を指しますが、軽度なものから重度なものまで、様々な汚部屋があるようです。
では、どの程度の汚部屋であれば、まだ許されるものなの?

そこで今回は男性に、女性の汚部屋エピソードと併せてOK/NG境界線について聞いてみました。

 

1、玄関が靴であふれている

「玄関を開けると『大家族なのか?』と思うくらいに靴が大量に出されていると、部屋に入る前に萎えちゃいます。2 ~3足ならそれほどおかしくはないですが、それ以上あると『片付けられない人なのかな』とか『部屋も汚そうだな』と想像しますから」(28歳/IT)

玄関に出したままにするのは2~3足まではOK、それ以上はNGとのこと。履いていない靴は片付けて見せないのが基本。

 

2、脱いだ服が転がっている

photo credit: iwinatcookie

「ソファやベッド、床の上に脱いだ服や下着が転がっているのはちょっと…。1日分くらいなら許容できますが、大量にあったら『だらしない』としか感じません。とはいえ、デニムやパンツなど1回着ただけでは洗わないものならまだいいんです。下着や靴下は普通洗濯カゴに入れますよね」(26歳/商社)

部屋に脱いだままにしておくのは「また着る予定がある服」ならOK、洗濯に回すものはNGとのこと。一度着たものと洗濯したものとが混ざりそうなので、脱ぎっぱなしにするのは基本的には避けたいところです。

3、飲みかけの飲み物容器が散乱している

「炭酸飲料からお茶、コーヒーまでペットボトルや缶が散乱した部屋に行ったことがあります。基本的に飲みかけの容器が転がっているのはムリです。完全に飲み終わったものを部屋の隅にまとめている…とかなら、捨てる準備をしているのかなと思うので、まだマシですけど」(27歳/広告)

飲み終えた容器を捨てる状態にしてまとめて置いておくのはOK、飲みかけの容器をそのままにしておくのは完全にNGとのこと。誤って倒してしまったり、放置しすぎて中身が腐敗し、虫を寄せ付けてしまったりする可能性も。
ここからはチェック対象になりやすい「水周り」を見ていきます。

4、洗面台に長い髪の毛がたくさん落ちている

「洗面台のふちや流し部分のいたるところに、長い髪の毛が落ちているのを見たことがあります。おまけにゴミ受けには髪の毛がたっぷり絡んでいて、正直ちょっとホラーでした。数本ならまだしも、大量にあるとムリです」(28歳/IT)

洗面台のゴミ受けに数本程度の髪の毛が絡んでいるくらいであればOK、何十本も大量に絡んでいるのはNGとのこと。サッと取り除けるものなので、せめて人が来るときくらいは、髪の毛が落ちていない美しい洗面台にしておきたいですね。

 

5、流しに洗い物がたまっている

「流しに使い終わった食器が高く積み重なっていて、手を洗うことすらままならないキッチンはちょっと…。『時間がなくて1食分の洗い物を放置して出かけた』くらいならわかりますが、それ以上になると汚いなと思います」(30歳/銀行)

1回分の洗い物がたまっているのはOK、2回分以上の洗い物がたまっているのはNGとのこと。ためすぎるのは衛生的にもNGです。できる限りその都度片付けるのが理想。

6、湯船がヌメッとしている

「お風呂を借りたら湯船がヌメッとしていました。後で聞いたところ『毎日湯船にお湯ははるけど、掃除をするのは1ヶ月に1回くらい』と言うんです。そりゃヌメヌメしているわけだなと引きました…。この掃除頻度はどう考えてもあり得ないです。普通は毎日掃除するものじゃないの?」(29歳/メーカー)

湯船に浸かるなら毎日掃除するのが当然で、1ヶ月に1回の掃除なんて当然NGとのこと。水でサッと流したくらいでは水垢や頑固な汚れは取れません。滑りのもとになってしまうことに。お湯を張るなら毎日掃除すべき。
中には厳しい意見もありましたが、今から「綺麗好き習慣」を身につけておけば損はない!?

 

引用元:ウレぴあ総研

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます