男性ドン引き!?気合を入れれば入れる程男性が遠のく”痛い女のメイク”4つ

viral

lFRhH

「やっぱ目でしょ!」

そう思ってアイメイクに気合を入れているあなたに残念なお知らせがあります。実は、その気合とモテが比例しないどころか、男性にドン引きされてむしろ逆効果になっているかもしれないんです。

安くないお金とそれなりの時間をアイメイクに費やした結果、非モテ女子の称号を手に入れてしまっていたなんて、親が知ったら悲しみますよね。

そこで今回は、『Menjoy!』過去記事から、気合を入れれば入れるほど男が遠ざかるNGアイメイクについてご紹介。もしもいずれかに当てはまっていたとしたら……今からでも遅くないのでこっそりメイクを変えることをオススメいたします。

■目がムカデみたい!

「男が本気でドン引きしている“痛い女のメイク”まとめ」では、男性が本気でドン引きしている女性のメイクをご紹介しています。

たとえば、デカ目効果を狙ってつけまつげ&マスカラをたっぷりつけるメイク。これに対しては「目がムカデみたいになってるやつって何なの?」という厳しい声があがりました。

また、黒カラコンをつけて、マスカラを何重にも重ね付けたり、目の周りをアイラインでガッツリ囲んだりしている女性に対しては「怖い」という評価。

アイメイクの必須アイテムともいえるつけまつげ、マスカラですが、やりすぎには注意が必要ですね。

■つけまつげで老けて見えちゃう!?

「可愛くさせたつもりが…老けて見えちゃう“つけまつげのNGつけ方”3つ」ではもっとピンポイントに“NGなつけまつげのつけ方”をご紹介。

どうやら、“目のキワから離す”、“目の幅より長い”、“軸の下側にノリをつける”が3大NGのようです。その結果、老けて見えたり、不自然に見えたり……とにかくカオスな目元に仕上がっている可能性があります。当然男性はドン引き。3大NGに思い当たる節がある人は、今すぐアイメイクを修正する必要がありますよ。

■そのアイメイク、時代遅れかも?

また、「女の顔すさまじ!老け顔に見える“時代遅れなオバさんメイク”3つ」で明らかになった“時代遅れのアイメイク”にも気をつけたいところ。

3大時代遅れメイクは“極太アイライン”、“マットアイシャドウ”、“ギラギララメ”とのこと。アイラインをいくら太くしても、マットアイシャドウやギラギララメをどんなに大量に塗っても、別にそんなに目が大きく見えるわけでもありませんし、大したメリットはないようです。

むしろ、ナチュラルメイクが持て囃される昨今においては、ドン引きの対象になってしまいます。気をつけましょう。

■そもそもアイメイク自体がNGだった!?

そして最後に、アイメイク自体が引き起こす悲劇についても触れておきましょう。

「目がショボーン!“非モテ目”になっちゃうのはアレのやりすぎと判明」によれば、マスカラやアイラインなどの“目の際メイク”を1週間に1回以上行っている女性は、していない女性よりも目の乾きを実感している人が多いのだとか。

その原因は、まつげの際の内側にある“マイボーム腺”のつまりが招く新型ドライアイ。この“マイボーム腺”が、マスカラや目の際までひくアイラインによって詰まってしまうことで、目が乾いてショボーンとなってしまうんです。

以上、男性ウケの悪いNGアイメイクをご紹介しました。気合を入れるのもいいですが、やり過ぎは禁物。男性の目に魅力的に映りたいと思うなら、ばっちりアイメイクもほどほどにしておきましょう。

引用元:Menjoy

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます