気軽に作れる、たった15分の超カンタン痩せ料理5つ

viral

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa名称未設定-1

 

1.なめ茸のどんぶり飯

味のついた瓶詰のなめ茸と小口切りにしたネギ、溶き卵を一緒に混ぜ合わせたものを、油を引いたフライパンで火を通します。好みの半熟具合で火を止め、チンして温めたご飯を丼によそい、その上にかけて出来上がり。

なめ茸に味がついているので調味料要らず。しかも、なめ茸は食物繊維・ビタミンD・B1・B2の他、糖質や脂質の代謝に役立つナイアシンを豊富に含んでいるのでダイエットに効果的なのです。

完全栄養食の卵、消化吸収を助けるネギと食べ合わせることでますます栄養バランスをアップできます。

2.山菜と納豆の素麺

素麺を2分間茹でたら冷水でしめて、よく水を切ります。あとは、深めの皿に「素麺・山菜ミックス・納豆・大根おろし」をのせて、“かけつゆ”を回しかければヘルシーな素麺が出来あがり。

簡単にできてツルツルっとダイエット効果の高い、食物繊維・大豆イソフラボン・大豆サポニン・大豆ペプチド・納豆キナーゼなどをいただけます。また納豆に含まれるビタミンB群には美肌効果も期待できますよ。

3.キャベツと豆の和風パスタ

キャベツをザク切りして、そのまま使えるミックスビーンズと一緒にキャベツがシナっとする程度軽くレンジでチンします。

あとは、短い時間で茹であがる細めのパスタと、それらを一緒に皿に入れて、かつお節、オリーブオイル、醤油、ゴマをかけて出来上がり。

タンパク質やカルシウム、食物繊維、ビタミンやミネラルを摂取できるので、低カロリーなのに栄養バランスが抜群。また、ミックスビーンズにレッドキドニー(赤いんげんまめ)が含まれていたら抗酸化能力の高いアントシアニンも摂取できます。

4.野菜カレーとカイワレ・サラダ

レトルトのカレーは脂質が高くなりやすいので、食物繊維が豊富な野菜カレーを選んでおきます。あとは、油切りしたツナ缶と、食べやすく切ったカイワレ大根を混ぜ合わせただけのサラダをサイドメニューに、温めたレトルトカレーをチンしたご飯にかけるだけ。

あっという間にカレーとサラダのセットになります。腸を温めるカレーは幸せホルモン「セロトニン」を分泌させてくれると言われています。

また、カイワレ大根はビタミンC・B1・B2・Aの他に優れた消化酵素を含み、ツナには筋肉を作るタンパク質が含まれているので栄養バランスも安心です。

5.モヤシと挽き肉炒め

まな板要らずなので時短で料理できます。ゴマ油を引いたフライパンに合いびき挽き肉を入れて全体に火を通したら、洗ったモヤシを入れて塩胡椒・中華スープの素・醤油などでサッと炒めるだけ。

もしも、調理用の紹興酒があれば、肉を炒め始めた時に入れると、ますます味に深みが出ます。

簡単なのに、タンパク質・食物繊維・ビタミン・ミネラル・カルシウムの他、大豆イソフラボン・大豆サポニン・大豆ペプチドまで摂取できるダイエットメニューです。適量のご飯と召し上がれ。

いかがでしたでしょうか?

 

 

引用元:Peachy

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます