生理中なるべく控えておいた方が良いこと 6つ

viral

aaaaaaaaa名称未設定-1

 

気分転換でやってしまいがちですが…

お酒を飲む

Photo by Digital Vision. / Photodisc

お酒を飲む

生理によって分泌される女性ホルモンのエストロゲンが、アルコール代謝スピードを遅らせる働きがある

出典livedoor ニュース

味覚が鈍ってしまい、いつもより多い量を飲んでしまいがち

出典健康キレイナビ|ライオン株式会社

飲みすぎず程々にとどめれば問題ない

出典お酒の飲み方

昼寝をする

Photo by Jupiterimages / Photos.com

昼寝をする

生理中にいつもより眠くなる人も多いですが、長時間の昼寝は良くないようです。

昼に寝すぎると1日の生活リズムが崩れ、体内時計が狂うことがある

出典goo ヘルスケア

寝ている体勢が血の流れを妨げてしまうことも

出典中目黒アーユルヴェーダ専門店Flow Arts

どうしてもだるい時は楽な姿勢で20分以内で済ませるようにし、夜はいつもより早めに寝る

出典30代からの生理のお悩み解決ハッピーライフ♡

キレイの習慣が悪影響になることも

ムダ毛のケアをする

Photo by Brand X Pictures / Brand X Pictures

ムダ毛のケアをする

生理中のお肌は敏感になっているため、肌トラブルが起きやすい

出典nanapi [ナナピ]

体が不調な時なので、肌のちょっとしたダメージでも回復しにくくなっている

出典美肌マニアの美容情報

ムダ毛処理などは、生理が終わりかけ以降に行う方が良い

出典【elis】エリスストリート通信

カラーリングやパーマをかける

Photo by Medioimages/Photodisc / Digital Vision

カラーリングやパーマをかける

髪の毛は「死んだ細胞」なので、直接女性ホルモンの影響を受けることはない

出典All About

精神的に落ち込んだり、イライラしたりする時期なので、パーマがかかりにくいと感じる人もいるようです。

頭皮がやや過敏になり、パーマの薬剤やカラーリングの薬剤でカブレを引き起こしやすい

出典知っているようで知らない髪と肌のこと③

予約の日に生理が来てしまった時は美容師さんに相談すると、頭皮にしみないような工夫をしてくれるところも

出典美容室・美容院の検索サイトHairMag

頭皮に保護材を塗ってから施術をするなど調整をしてくれるので、お肌が敏感になりやすい方はあらかじめ相談するようにしましょう。

躊躇しがちだけど、実はOKだったこと

お風呂に入る

Photo by Jupiterimages / Photos.com

お風呂に入る

体が冷えやすい時期なのでお風呂でゆっくり温まってリラックスするのは効果的

出典【elis】elisクリニック

湯舟の中は水圧があり、血液が流れ出すこともお湯が入ることもない

出典バファリン痛みのクリニック

湯舟から出ると急に経血が流れ出ることがあるので、温泉や大浴場は避ける

出典健康キレイナビ|ライオン株式会社

運動する

Photo by George Doyle / Stockbyte

運動する

無理のない範囲で普段どおりに運動を行ってもOK

出典ダイエットナビ | CLUB Panasonic

エクササイズで血行を良くしたり痛みを和らげる効果がある

出典All About

ただし、ホットヨガなどは血流がよくなりすぎて、人によっては経血が増える可能性もある

出典【elis】エリスストリート通信

水泳を行うときはお腹が冷えやすくなるので、運動後はジャグジーなどで体を温めるなどのケアが必要

引用元:NAVERまとめ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます