【TV・ホンマでっか!?】男の浮気を見破る「カマカケ」ベスト5はこれだー!!

viral

aaaaaaaaaa名称未設定-1

 

彼氏が浮気しているかどうか確かめたい……。こんなふうに思っている女の子にぜひ試してほしい、彼への「カマカケ台詞」ランキングが、6月1日放送の「ホンマでっか!? TV」番組内で紹介されました。これは、マーケティング評論家の牛窪恵先生が発表したもの。女性にとってはもちろん、男性にとってもかなり興味深いランキングです!!

■第5位(成功率20%)

レンタルDVD屋に行って、彼と観ていない映画を指して「この映画一緒に観たよね」と言う。

クロ:「本当に俺と観たの」などと言って、女性を疑う。
→相手を疑うのは、自分がやましいから。

シロ:誰と観たかにはあまり興味がないので、すぐにほかの話に移る。

■第4位(成功率28%)

車の座席の下から、自分が仕込んだピアスを拾い上げて「これ何?」と言う。

クロ:ピアスを手に取る。
→浮気の証拠なので、なんとか自分の手中におさめようとする。

シロ:記憶にないものなので、触りたがらない。

■第3位(成功率40%)

浮気したと思われる場所で「友達があなたを○○で見かけたって」と言う。

クロ:「いつ」「どこで」「友達って誰」と質問攻めにする。
→自分を守るため、相手を質問攻めにしてバリアを張ろうとする。

シロ:疑われることがないので「声をかけてくれればよかったのに」などと言う。

■第2位(成功率46%)

「友達が浮気した彼を振ったんだって。彼、浮気ぐらいでかわいそうね」と言う。

クロ:「本当にそうだよね」と、浮気した彼に共感する。
→自分がやましいときは、同じ状況にある人に共感する。

シロ:やましいことがないので「彼女にも問題があるんじゃないの」と一般的な恋愛話をする。

■第1位(成功率53%)

朝、彼を起こして「実は、ケータイ見ちゃったんだよね」と言う。

クロ:「何見たの」「どこ見たの」など、内容を必死に確認しようとする。
→朝は、論理的な判断ができず感情的になって、ただただ慌てふためく。

シロ:やましいことがないので「勝手にケータイを見るなんてよくない」などと一般論を話す。

全体に共通する考え方としては「接近回避理論」があてはまります。接近回避理論とは「不安になると接近したくなる」という理論。やましいことがあると、相手を質問攻めにしたり、浮気の証拠を手に取ろうと接近する。でも、やましいことがなければ、相手に質問することはないし、浮気の証拠にも興味を示さないのだそうです。

さぁいかがですか。彼の浮気が心配な女性の皆さんは、早速、試してみてはいかがでしょうか。

画像: flickr=pedrosimoes7

 

 

 

引用元:Pouch

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます