ニキビできやすい人がすべき対策

viral

nikibi

 

ニキビについての相談をよく受けます。

ニキビのメカニズムと対策についてお話します。

 

女性はホルモンバランスの乱れにより、どうしてもニキビができてしまいますが、

普段からちょっとした意識を持つことで減らすことができます。

 

 

ニキビの直接原因は毛穴が詰まること

 

毛穴に皮脂がつまることによってニキビができます。毛穴に皮脂がつまる理由は、

 

1)ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になる
2)炎症などが原因で、角質層が厚くなり毛穴が詰まる
3)紫外線による影響が表皮まで届いてしまいその結果、乾燥し皮脂の分泌量が増える

 

 

ニキビの原因(1)アクネ菌

皮 脂の分泌過剰や、角質層が厚くなり出口である毛穴をふさいでしまうことが多くみられます。

たとえば、毛穴の中でアクネ菌が皮脂を分解すると、遊離脂肪酸と いう物質が生じ、詰まった皮脂をエサとして、アクネ菌が増えてしまいます。

これが原因で炎症が起こり角質が厚くなって毛穴が詰まってしまうのです。

 

 

ニキビの原因(2)ホルモンバランスの乱れ

アクネ菌以外にも疲労や寝不足・ストレス・思春期特有のホルモンバランスの崩れや生理不順によるホルモンバランスの乱れなどが原因で角質が厚くなり、

毛穴がふさがり、毛穴に詰まった皮脂は活性酸素によって酸化され、炎症を引き起こす過酸化脂質となってニキビが表れます。

 

 

紫外線により悪化

皮 脂を酸化する活性酸素はアクネ菌の代謝物と紫外線が反応して発生します。

炎症が増すことにより角質が厚くなってしまいアクネ菌が増えます。

その結果炎症を 起こし、化膿と腫れや痛みを伴うなどニキビは悪化していきます。

やがては皮脂腺が破裂し、色素沈着や瘢痕(はんこん・ニキビ痕)を残してしまうのです。

 

 

ニキビ対策

 

(1)乳酸エキスをつける
乳酸エキスは肌の常在菌のバランスを調え、皮膚のバリア機能を高めてくれます。

化粧水に2~3滴まぜて使うと、ニキビの治りが早くなり、ニキビが出来るのも防ぎます。

 

 

(2)収れん目的素材配合の化粧品を使う
過剰な皮脂の分泌を抑えるため、毛穴を引き締める収れん作用のある化粧品を使います。

乾燥が気になる場合は、何度も重ねづけしてください。(一回の量は同じで繰り返します)

 

(3)清潔なタオル・枕カバー・シーツを使う
タオルは雑菌が繁殖しやすいものです。

顔を拭くタオルは清潔なものを使いましょう。
枕カバーなども小まめに洗濯して清潔を保ちましょう。

 

 

(4)清潔な化粧品小物を使う
スポンジ、パフ、ブラシなどの化粧品小物は化粧品の油分に加え皮脂や汗を吸収するので、細菌の温床になりやすいです。

メイクの伸びやノリも悪くします。定期的に洗浄しましょう。

 

 

(5)汚れた手で肌に触れない
無意識で顔に触るクセがあると、手が汚れているのに肌に触ってしまい雑菌をつけることになります。

風邪などの病気にも感染しやすくなりますので気をつけましょう。

 

 

(6)髪の毛が顔にかからないようにする
髪の毛が常に肌を刺激するような髪型をしていると、刺激でニキビが出来やすくなります。

前髪を下ろしている額、横の髪がかかる頬などによくニキビができるのでしたら、髪の毛が原因かもしれません。

 

(7)脂の多い食べ物を控える
揚げ物、スナック菓子など脂の多い食べ物をたくさん食べていると、皮脂の分泌が増えます。

食生活の見直しをしましょう。

特にホルモンバランスの乱れは生理周期などで予測できますから、生理前には食事に気をつけるといいかもしれません。

 

 

(8)睡眠不足を解消する
寝ている間に肌の細胞は再生されるので、ニキビが治るためには十分な睡眠が必要です。

また、睡眠不足によるストレスも肌の抵抗力を弱め、ニキビができやすくなります。

トータルな健康にも睡眠は欠かせません。

 

(9)ひどいニキビの時は皮膚科に受診を
ニキビの程度がひどい時には、専門家の助けを仰ぎましょう。

ニキビの芯を取り除く処置(自己処置はやめましょう)や 、内服薬などの処方も受けられるようです。

ニキビ痕などについても相談できるようです。

 

 

まとめ

•ニキビの直接の原因は毛穴が詰まること
•ニキビの原因はアクネ菌の増殖やホルモンバランスの乱れ
•紫外線により悪化します
•ニキビ対策1過剰な皮脂の分泌を防ぐ
•ニキビ対策2肌に雑菌をつけない
•ニキビ対策3睡眠を十分にとる

(素肌スペシャリスト / 須藤泰子)

引用元:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます