「わざと」 終電を逃すために駆使している4つのテクニック

viral

matigae
たとえば金曜日に合コンがあったときの週明けなどで、

「終電を逃しちゃって、その後……」なんていう話をたまに聞きますよね。

 

なかには確信犯で終電を逃す女子もいる模様。

その経験があるという人に、「自然に終電を逃すために駆使しているテクニック」を聞いてみました!

 

■時間を間違えちゃった

「『終電の時間、間違えて調べちゃった……私はひとりでどうにかするから、遠慮なく帰って大丈夫だよ』と言う。そのまま始発まで付き合ってもらえたらラッキーだが、遠慮なく帰られたことも数回ある。その時は気持ちを切り替え、おとなしくタクシーで帰る」(埼玉・27歳)

空振りしたからといっていちいち凹むようでは、こんなリスキーなチャレンジは向いていません。

失敗してもへこたれない、強靭な精神を。

 

 

■お店に忘れものしちゃった!

 

「ど うしても帰りたくなくて、終電間際までいたお店にわざとお財布を忘れて出たことがある。駅で忘れ物に気付いて、お店に電話して取りに行って……と、彼にも 一連の行動に付き合ってもらい、見事に二人で終電を逃した。その後は、彼と二人で朝までカラオケで仲が深まりました」(東京・26歳)

 

「アレ!? お財布がないよー!」とあわてている女の子を尻目に、

彼も自分だけ終電に乗って帰るなんてこと、できませんものね……。

 

 

■話に夢中でうっかり過ぎちゃった!

 

「絶 対にゲットしたい、お金持ちの男性と食事をした日。終電の話に持っていかないよう話題に気を付け、必死で終電がなくなる時間まで場をつないだ。『成功だ、 さぁ今夜はこれから!?』と意気込んでいたところ、スマートにタクシー代1万円を渡され、彼もタクシーで帰って行った。金欠だしショックを受けた私は、朝 までフリータイム1000円のカラオケでひとり夜を明かし、始発で帰って、残りのお金はおこづかいにした。彼から連絡が来ることは2度となかった」(東 京・28歳)

 

彼、相手のタクシー代を払ってでも帰宅したかったのですね(笑) 普段から電車にあまり乗らないお金持ちには、通用しないテク。

 

 

楽しくて酔っ払っちゃった!

 

「終電間際の時間になったら『一緒だと楽しくて、酔っぱらっちゃったぁ』と、うつらうつらしているフリをしながら気になる男性に甘える。その状況で『帰れ』と言ってくる男性はあまりいない」(東京・25歳)

 

なんとストレートな! 恥もプライドもなく、こんな甘え方を躊躇なくできる女性。

同性からの嫉妬を買いそうですが、実際に恋のチャンスをゲットできることは多そう。

 

勝率を上げるためには、相手の次の日のスケジュールを確認してから行いたいですね。

翌日が休みにも関わらず置いて帰られたら、終電の逃し損だけでなく精神 的ダメージも大きいですね。

終電後の深夜、彼と親密になる絶好のチャンスではありますが、「終電を逃すだらしない女」というレッテルを貼られて本命候補か ら外されてしまわないよう、くれぐれも気を付けましょう。

引用元:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます