【日本人女性と中国人女性の14の違い】中国人女性に対し、中国人男性が戒めのように使っている?

viral


eye

かつて中国のネット上で盛り上がりを見せていた「日本人女性と中国人女性の14の違い」というコピペ文。最近また新たに脚光を浴びているのだそうです。

chija.jpg

  どっちかというと、中国人女性に対し、中国人男性が戒めのように使っている思われる感じで、ちょっぴりいじわるな文言も混じっております。それでは、日 本人女性と中国人女性の14の違い、それでは見てみることにしましょう。 14 Differences Between Japanese Women & Chinese Women – chinaSMACK より

その1.
日本の女性は、悪とは勇敢に闘え、と子供に教える。もし負けたとしても、闘ったことが大きな栄誉である。

中国の女性は、悪に出遭ったら隠れろ・逃げろ・避けろ、と子供に教える。悪は神が何とかしてくれる。その2.

日本の女性は、日本が世界一すばらしい国だと信じている。
中国の女性は、外国では月はもっとまるく見えるだろうと信じている。
[=隣りの芝生は青い、というヤツですね]

その3.
日本の女性は、外国人と結婚することを恥じる。
中国の女性は、外国人と結婚できることを自慢する。

その4.
日本の女性は、昼間は淑女、ベッドでは娼婦。
中国の女性は、ベッドでは淑女、ベッドを出たらあけっぴろげ。

その5.
日本の女性は、貞節を守る。夫に恭しく尽くし、子どもをしっかり育てる。
中国は、一夜限りの関係と不倫が世界で一番多い国である。

その6.
日本の女性は、親孝行である。姑のことも、実の母のように面倒を見る。
中国の女性は、姑が早く死んでしまうことを切望している。

その7.
日本の女性は、夫を励まし労う。夫が夜遅くに疲れて帰宅すれば、妻は「今日もきつかったね」と迎える。
中国の女性は、夫に愚痴と小言を並べたてる。夫が夜遅くに疲れて帰宅すれば、妻は「どこ行ってたのよ!」と怒鳴り散らす。

その8.
日本の女の子は、自分と年相応の男性と結婚し、彼と一緒に人生を紡いでいく。
中国の女の子は、金持ちの老人に目をつける。自分が彼の何番目の愛人だろうと何番目の妻だろうと、構わない。

その9.
日本の母親は娘に、夫の面倒をよく見て、義理の両親にもかいがいしく孝行するように教える。
中国の母親は娘に、夫の資産をちゃんと管理するように教える。

その10.
日本の女性は、金のない男には耐えられるが、臆病で弱い男には耐えられない。
中国の女性は、臆病で弱い男には耐えられるが、金のない男には耐えられない。

その11.
日本の女性は、男らしい男性を魅力的だと思う。
中国の女性は、男らしい男性を亭主関白だと思う。

その12.
日本の女性は、男の浮気に寛大だ。
中国の女性は、自分の浮気に寛大だ。

その13.
日本の女性は日本の男性について、公共の場やメディアにおいては決して悪く言わない。
中国の女性は中国の男性について、あらゆるメディアにおいて罵り嘲る。

その14.
新婚初夜、日本の女性がはじめに言うことは、「うまくできなかったらごめんね」
新婚初夜、中国の女性がはじめに言うことは、「今日のご祝儀でいくら儲かった?早く計算して!」

ということでいかがだったでしょうか?

中には、えっ?それは現代女性なら、日本も中国も、というか世界中どこの女性でもそのタイプは存在するはず?っというのもあったりなかったりなのですが、未だに日本人女性はかつての「大和撫子」的なイメージを一部もたれているのだとしたら、いろいろ戒めなくてはならない自分がここにいたりなんかするわけなのです。

引用元:nylongirls

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます