ダイエット中に飲んでもいいお酒

viral

 diet

 

【モデルプレス】ダイエット中は飲み物にも気を使いたいですね。

それが太るといわれているアルコールならばなおさらです。

しかし、ダイエット中でもお酒が飲みたくなってしまうもの。

そこで今回は、ダイエットの邪魔にならないお酒を5種類ご紹介します。

1.蒸留酒ならカロリーカット

蒸留酒のカロリーは、アルコール類の中ではかなり低めです。

蒸留酒の代表的なものは焼酎・ウィスキー・ジン・テキーラなど。

甘いドリンクで割らず、レモンやライムと水やお湯で割って飲めば、低カロリーアルコールとして楽しめます。

 

2.アルコール度数の高いお酒を少量楽しむ

アルコール度数が高ければチビチビと少量で酔いを楽しめます。

氷で割るロックで舐めるようにして味わえば、カロリーを取りすぎることもありません。

 

3.炭酸割りなら食べ過ぎ・飲みすぎも防げる

お酒に強くないけれど好きだという人の中には、水やお湯割りではにおいが気になり、ロックでは濃すぎるとの意見もあります。

そこでおすすめするのは炭酸割のハイボール。

糖分の入っていない炭酸水を選びましょう。炭酸でお腹が膨れるので、食べ過ぎや飲みすぎも防げますよ。

 

4.赤ワインのポリフェノールでアンチエイジング効果

赤ワインを食事と一緒に飲むことで、悪玉コレステロールの吸収を抑えることができます。

これはポリフェノールの力。さらに、抗酸化作用によってアンチエイジング効果も期待できます。

 

5.日本酒の血流促進と美容効果

日本酒に美肌効果があることは昔から知られていますね。

カロリー低めとはいえませんが、アルコール度数が高めであることから大量には飲みにくいお酒の仲間です。
さらに、ほかのアルコールと異なり、飲酒時の体温が2度ほど高めの状況が長く続くとの調査結果があります。

そのため、血流促進効果によるむくみ予防や美容効果が期待できます。

 

いかがでしたか?

お酒も、種類や飲み方を工夫すれば、ダイエット中も楽しむことができます。

おいしく適量を飲めば、ストレス解消にもなって、ダイエット疲れを癒してくれそうですね。(modelpress編集部)

 
[いま話題]【楽天総合1位】山田優も愛用しているグリーンスムージー【シェイカー付き】

引用元:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます