【必見】自分が「セフレ」か見極める方法

viral

「恋をしたい、素敵な人にめぐり合いたい、大好きな人と結婚したい…」。

女子にとっては当たり前で、かつ切実な願い。これまで、たくさんの人のこのような相談を、解決に導いてきました。

連載「プロポーズまでの365日」では、これらの経験をもとに、成功メソッドをご紹介します。

141116propose.jpg

pain-stiffness
合コンで知り合った彼と誘われるまま、すぐにホテルに行ってしまいました。もちろん、自分は彼が好きだからこそ深い関係になりましたが、彼にとって自分はどんな存在なのでしょうか?

もしかして単なるセフレ…。怖い、でも確かめたい! どうしたらいいのでしょうか?

連絡はメールかLINEのみ
電話は嫌いだからとか出られないから、という理由であなたからの連絡はすべてメールかLINEだけ。既読になってもずっとほったらかし。彼から連絡があるときはいつも急で、それも目的はHのみ。

この状態の場合、100%セフレであることは間違いないですが、それ以上の友だちや恋人になれる可能性も100%なしです。見極め以前に自分が認識しましょう。

会うのはいつも平日の夜だけ
土日は疲れている、つきあいで忙しい、それはわかりますが、好きな人とも会えないということには違和感があります。ほかに本命の彼女がいるか、家族を持っている可能性もあるでしょう。

土日に会いたい! と正直に提案しても聞き入れられない場合は、あなたがセフレであることはほぼ90%以上です。

彼がどこに住んでいるかわからない
遠いからとか実家だからという理由は別として、どこに住んでいるのかわからないのは問題です。Hをするのもデートの後ではなくあなたの家でだけ、というのであればなお危険。

彼にとってあなたは都合のよいセフレになっている可能性が。旅行先からお土産を送りたいとかプレゼントを贈りたいと言って教えてもらいましょう。

友だちに紹介されない
そもそも友だちにきちんと紹介されないこと事態、あなたを彼女だとは認識していない可能性があります。または友だちとも会わせてくれない、自分の友だちとも会ってくれない、というのであれば怪しいですね。

勇気を出して友だちにも協力してもらい、偶然でもいいので彼をあなたが誰かに紹介するタイミングを作ってみましょう。そのときの態度で彼の本心がわかるでしょう。

彼が好きだからとか、本心を確かめたら振られてしまうのが怖い、という理由で求められるがままにHしている人は男性の本心を理解しましょう。

セフレから恋人になる可能性はほぼ0%。また、好きじゃないとHできないという男性はどちらかと言えば少数派。男性を美化しすぎず、もっと自分を大切にしましょう。

引用元:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます