好きな人が突然結婚してしまった時の対処法

viral

nisike

 

2014年11月19日、日本中の女子たちに激震が走りました。

そう、「西島秀俊、16歳年下女性と結婚!」のニュースです。

 

年 齢を重ねたからこその余裕、落ち着いた雰囲気、色気、そして実は脱いだらスゴイ系の鍛えあげられた肉体…。

そんな彼を、「10代20代のチャラついた男に は興味はござらん!」「アラフォーイケメンこそが至高!」とばかりに愛でてきた中で、

このニュースはあまりにも衝撃度が高く、また喪失感も大きいものでし た。

 

彼はやっと人生の伴侶を見つけたのだ、良かったじゃないか。

そう思いたいけど正直のダメージが大き過ぎて受け止められないというのが、筆者含む多くの女子の今の心境でしょう。

 

この悲しみをどうすればいいのでしょう。どうすれば立ち直れるのでしょう。

今回は、「心のアイドルが結婚した時の立ち直り方」をご紹介します。

 

 

■1.次のターゲットに愛情を注ぐ

「確かに西島さんは結婚しましたよ。もう人のものです。所帯持ちです…。でも!まだ残ってる人がいるじゃないですか!まだ佐々木蔵之介がいるじゃないですか!佐々木蔵之介!佐々木蔵之介!!!佐々木蔵之介!!!!」(22歳/学生)

ひ とり、またひとりとアラフォーイケメン俳優が結婚していく度に、こうして次のターゲットに照準を合わせ、一心に愛を注いできたわけですね。

阿部寛結婚、堺 雅人結婚…。

激震が走る度に、「まだ大丈夫、最後の砦は崩されてはいないわ…」と自身を励ましてきた方も多いのではないでしょうか。

佐々木蔵之介、加瀬 亮、竹野内豊、福山雅治、長谷川博己戸次重幸…。大丈夫、まだ、大丈夫です…!

 

 

■ 2.思い出整理

「とりあえず、家に帰ってゆっくり彼のコレクションを整理します。雑誌を切り抜いてまとめて、、録画を編集して、彼の魅力を存分に楽しみます。もう既婚者だと思うと今までとは同じ気持で見れないと思うので、最後のお別れというか…」(25歳/販売)
せ、 切ない…あまりにも切ない…!しかし、これは恋愛とも一緒かも。

彼氏と別れたらメールや写真を掘り返して、思い出と失った悲しみにどっぷり浸ってみる、み たいな。

案外こうやったほうがすっぱり切り替えていけるのかもしれません。

筆者もかつて、某ビールのCMで西島秀俊がしゃかりきに大根おろしをつくるシー ンを見て、

「西島さんが家で大根おろして待っててくれるなら馬車馬のように働けるのに…」と思ったことを思い出します。

前を向いて進んでいかねばなりませ んね…。

 

 

■3.一念発起して自分磨き

「西島さんのお相手が27歳の方で3年付き合った後の結婚ってことは、24歳から付 き合ってたってことじゃないですか。私と同い年。24歳で西島さんと付き合える女性がこの世に存在したってことですよ…。でも、もしかして私もそんな素敵 アラフォーと付き合えるチャンスが訪れるかもしれないって思ったんです。とりあえずエステ予約しました」(24歳/金融)

西島さんのお相 手が一般女性ということも、衝撃度を高めた要因のひとつでしたね。

偶像崇拝のごとく西島さんを愛で、心の拠り所にしていた私達も、

彼の結婚相手もあまり年 齢の変わらない一般女性と思えば、その差にやるせなさを感じます。

しかし、逆に考えれば年齢が離れていても、職種や地位が全く違っても、素敵アラフォーと お付き合いできる可能性はゼロではないということ!

自分を磨き、出会いの場に出て行けば、さすがに佐々木蔵之介とは付き合えなくても、アラフォーイケメン との恋が始まるかもしれません…!

 

 

■4.2次元に走る

「人がいつかみんな死んでいくように、素敵な人はみんな結婚してい くんです。当然のことですよね。堺雅人が結婚した時も衝撃度半端無かったですけど、やっぱり永遠のあこがれは2次元キャラの方がいいのかもしれない。今の 私を支えてくれるのはテニプリの跡部様だけです。来年のバレンタインにもチョコ送りますよ、跡部様に」(26歳/)

王国民、もとい雌猫の方でしたね。

確かに、アニメやゲーム、漫画などのキャラクターは作品によっては結婚することもなく、

歳も取らずにずっと微笑みかけてくれるので、心の平穏を保つことはできそうです。

 

 

■おわりに

アイドルの結婚がなぜショックなのか。

それは何も、「自分のものになるかもしれない」なんて思っていたからではありません。

アイドルには、孤高の存在でいて欲しいのです。誰も手に入れることができない、そんな神的存在でいてほしいとどこかで思うからなのです。

正直、加瀬亮が結婚したら私はきっと砂になって風に飛ばされ消滅する。

そう思いながらも、みんなでこの4つの方法で、前を向いて歩いて行きたいものです。

(Sakura/ハウコレ)
引用元:news.livedoor

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます