自宅の方がマシ? ラブホテルが苦手な女子が急増している理由

viral

rabu

 

 

【モデルプレス】

恋人たちがこっそり利用する施設といえば、ラブホテル。

しかし、近頃は「ラブホより、断然ビジホ派」や「ラブホに泊まるなら、自宅のほうがマシ」といった女子が多いようです。

 

そこで今回は、「ラブホ苦手女子」が急増している理由を調査。

5つの項目にまとめてみました。

 

 

1.ベッドやお風呂が、不潔な感じがする

 

ラブホテルは、エッチをするための施設。

何もせずに帰る、というカップルはあまりいないでしょう。

女子によると、「洗ってあるとはいえ、他の人がエッチした空間だと思うとイヤ」(26歳/事務)、「いくらキレイでも、生理的に無理」(22歳/学生)とのこと。色々なことを考えると、エッチする気が失せてしまいます。

 

2.酸素が足りない気がする

 

ラブホテルは、窓があっても開かなかったり、窓自体がなかったりする部屋も多いですよね。

女子によると、「閉塞感があって、伸び伸びできない」(30歳/公務員)、「空気が良くない。酸素が足りない気がする」(20歳/アルバイト)とのこと。彼との楽しい時間を過ごすためにも、リラックスできる空間がいいですよね。

 

3.後ろめたさがある

 

カップル同士でも、ラブホテルに出入りするのは、気まずいですよね。

「悪いことをしている気分になる」(24歳/ライター)、「両親に申し訳ない気持ちになる」(23歳/アパレル)とのこと。ラブホテルには、背徳感を覚えさせる要素が多いかもしれません。

 

4.テレビのアダルトチャンネルが不愉快

 

ラブホテルのテレビでは、アダルトチャンネルを見ることができますよね。

男子には嬉しいことですが、女子にとっては違うご様子。

女子によると、「激しいプレイが多くて、女優さんが可哀想になる」(32歳/主婦)、「愛のないプレイばかりで、ウンザリしてしまう」(27歳/営業)とのこと。アダルトチャンネルを見ずに、幸せなエッチがしたいと思いますよね。

 

5.治安が悪い場所にある

 

ラブホテルは、表通りに建つことはありませんよね。ひっそりとした裏路地や、ネオンが輝く場所にあります。

女子によると、「治安が悪いから、なるべく近づきたくない」(21歳/学生)、「ホテル街は、裏社会って感じがするから、苦手」(25歳/イラストレーター)とのこと。悪い人に絡まれないよう、注意が必要です。

 

いかがでしたか?

 

無理をして「ラブホエッチ」をする必要はありません。

「ラブラブエッチ」が出来る場所を、カレと一緒に探してみてはいかがでしょうか?(modelpress編集部)

引用元:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます