【デキる女のワザ】男のイタいけど目をつむるべき彼の6つの言動

viral

eye

男にプライドはつきもの。少々ツッコミたくなるところも、ぐっと堪えてヨイショしてあげるのがデキる女のデキル業。男のイタい言動を、カワイイらしいじゃないの、で片付けることができれば、あなたも今日からデキる女。今日はイタいけど目を瞑ってあげるべき彼の6つの言動をご紹介します。

わかりきったことを自慢げに語る

そんなことわかってるよ、とツッコミたくなってしまうコトを自慢げに語る男子。彼のイタいドヤ顔にも、「そうなんだ」と笑顔で返せるかが、デキる女と普通女子の違い隔てる大きな壁です。

うんちくを傾ける

コンピュータや車など、こちらには全く興味のないことを延々と熱く語る男子。趣味や興味が合えば会話も弾みますが、興味がない話題では彼の独り舞台。この場合、彼はあなたからの返答や知識などこれっぽっちも求めていません。これは単なる「オレこんなに知ってるぞ、すごいだろ」アピール。心の中で早く終わらないかなーと願いながら、ふんふんと聞き上手になってあげるのがデキる女の優しさです。

自分が第一人者だと思い込んでいる

オレのサングラスあいつもマネしてる。そんな彼の不平に「いやいや、あのサングラスは単なる流行でしょ」とツッコんでしまったあなたはデキる女失格です。自分が第一人者と信じて疑わない男の思い込みは放っておくのが、賢いデキル女です。

忙しくて寝てないのは自分だけだと信じている

また徹夜しちゃって、と若干嬉しそうに話す男。このタイプは、普段はかなりきちんと睡眠をとっているので、ちょっとした夜更かしに弱く、徹夜自慢が得意。疲れているんだね、大変だったね、などと彼を労ってあげましょう。彼が求めている発言を躊躇せず、すんなりと言えるのがデキる女の証です。

どうでもいいコダワリを持っている

鍋奉行の男子。料理を作ってくれるのはいいけど、コダワリやウンチクが煩すぎるのが難点。面倒くさいタイプですが、おだてれば役に立ちます。デキる女は、このタイプの男性を手の平で転がして上手く扱います。

日常の物理学について教えてくる

女は理系に弱いと信じているのか、日常の出来事を物理学で教えてくる男子。一見頭脳明晰な彼、と惚れ惚れしてしまいそうですが、大抵は「山頂でポテチの袋がなぜ膨らむか」なんていう中学生レベルの物理学。このタイプは学歴にコンプレックスを持っている可能性もあるので、「何でも知ってるんだね」とおだてて彼の自尊心を高めてあげるのがデキる女のデキる業です。

引用元:googirl

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます