【実験】15年間、週1ペースで行ってきたセックスを3週間お休みした結果、意外な事が判明!

viral

201206231004428f6

中1での初体験以降、週に1~2回のペースでセックスをしてきた私。15年ほどその生活を続けているので、私にとってセックスとは食べることや寝ることと同義であり、すっかり生活の一部と化しているように思います。

 しかし、実はここ3週間、私はノーセックスライフを強いられておりました。というのも、実家の父の入院に伴い、仕事が忙しく満足に父の世話ができないという母からヘルプ要請が来たため、地方のド田舎にある私の故郷へと帰っていたのです。そして入院中の父の世話をメインに、母の仕事の手伝いや実家のおさんどん、祖母の話し相手に彼女が出かける際の送迎係など、普段の気楽な一人暮らしとは比べものにならないほどの多くの役割を担うことに。また、ライターという職業柄、パソコンひとつあればどこにいても仕事ができる(せざるを得ない)ので、並行してそちらもこなさなければならず、たった3週間といえどもここ数年で一、二を争う目まぐるしさでした。

 といっても、共働き家庭で義両親と同居している女性なんかは、私が3週間でへばっていた諸々を365日こなしているのでしょう。全国の共働き・同居嫁さんたちに対して、心からリスペクトです!

 というワケで、実家滞在中の私はセックスどころかオナニーすらする暇がありませんでした……。普段の私ならば、帰省時には地元にいる昔のセフレや元彼に連絡を取り、彼らとの数年越しのセックスを楽しむのが恒例行事だったのですが、そんな余裕もなく。従って、かなり久々にセックスのセの字もない生活を送っていたのです。

◆私、セックスしなくても平気だったんだ!(嬉)

 そうして、ノーセックスライフを送るうちに気づいたことがあります。ひとつ目は、性欲の減退。どんなに仕事が忙しくても、5日間ほどセックスしないと「ああ……そろそろヤリてえ……」とウズウズしていた私でしたが、実家にいた期間はほとんどセックスについて考えることがありませんでした(正直言うと、父が入院している病院の売店で買った『週刊実話』(日本ジャーナル出版)を読んだ時はほんの少しムラムラしましたが)。

 もちろん、忙しかったり、命に別状がなくとも入院していた父のことが心配だったという部分も大きいと思いますし、ひたすら暇な3週間を過ごしつつセックスを我慢できるかと聞かれたら自信がありません。ただ、以前から私は「最低、週1回はセックスしないと発狂するかもしれない」と自分の性欲の限界ラインに不安を感じていたのですが、実際は発狂もせず悶々とすることもなく。そんな自分に安堵を覚え、「セックスもオナニーも、しなかったらしなかったでなんとかなるやん」ということを実感しました。

◆喘ぎ声やフェラに違和感……

そして、二つ目に気づいたのは、セックスの仕方を忘れていたということ。たった3週間で……? と感じる方もいるかと思いますが、年末年始などでまとまったお休みを取った後に仕事を再開し、休みボケでいつものペースを取り戻すのに時間がかかったという経験はありませんか? それはセックスにも該当するようです。

実家生活から3週間が経ち、父の容体も安定したので東京に戻ろうとした日のこと。東京にいるセフレボーイ(27)が、わざわざ私の地元まで迎えに来てくれたのです。この3週間、両親や父のお見舞いに来る親戚のおじさん・おばさんや近所の知り合い、祖母や祖母の友達など、50代~80代の人々としか会話をしていなかった私は、同世代との気楽な会話がものすごく新鮮に感じました。持つべきものは優しいセフレです。2人で新幹線に乗って東京に戻り、私の家に帰って一息つき、とりあえず久しぶりにセックスでもしましょうかという流れになりました。

例のごとく、キスやらなんやらをしつつ始まったセックスですが、問題はペッティングが始まった時に起こりました。おっぱいを触られ、「あんっ」と喘いだ瞬間、私は自分の喘ぎ声に違和感を覚えました。

頭の中で先ほどの喘ぎ声を巻き戻しながら「いつもはもう1オクターブ高かったような……」「毎回このくらいの声量だっけ?」と、不安でいっぱいになってしまいました。セックス中の自分になんだかしっくりこないまま、フェラをしてみれば「あれ? ちんこに歯が当たらないようにするにはどうすればいいんだっけ?」「くわえる範囲はこのくらいでいいのだろうか?」と手探り状態。まあ、自分の喘ぎ声が気になってしまうということは、セフレの愛撫に本気で感じていなかったからかもしれませんが。

そして、いざ挿入してみると、なんだかキツくて苦しい。セフレのちんこは全長13cmほどであり、決してデカチンというワケではないのに……。3週間セックスをお休みしていただけでまんまんが縮むということはあり得るのでしょうか? 久々のセックスがあまりスムーズにいかなかったことで緊張してしまい、まんまんが固まり気味になっていた等の精神的な問題なのか、そうでないのか……。

セックスから切り離された生活を送った私は、「自分はセックス狂いではなかった!」と安心したことに加え、久々のセックスでちょっとした処女気分を味わうことができました。とはいえ、一度ヤリ出すとまた何度もしたくなるのがセックスなんですけどね……。

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。
引用元:messy

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます