【バチっとならないために】静電気を防止・除去するための対策方法5選

viral

eye

冬になるとバチッと痛い!静電気を防止・除去するための対策方法5選
冬といえば寒さが気になりますが、もう一つ気になるのが静電気です。冬は乾燥しやすい季節であり、静電気も発生しやすくなっています。ドアノブなどの金属類に触ればバチッと痛みを感じることもあり、大した痛みでもないですが、とても厄介なものとなっています。そこで、今回はそんな厄介な静電気を防止・除去するための対策方法を紹介します。静電気に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

静電気を防止・除去するための対策方法5選

1.金属類以外のものを触って体の静電気を逃がす静電気の仕組みとしては、体の中に帯電している電気が、一気に放電されることで発生します。そのため、電気を通しやすい金属に触れるとバチッとなりやすいのです。なので、静電気を防止するためには、体の中に溜まっている静電気を逃がすという対策が有効です。よく言われているのが、コンクリートの地面に触るということです。そうすると、地面を通じて体の中の静電気が逃げて、ドアノブなどに触ってもバチッとしません。まあ、いちいち床を触るのも面倒なので、壁に触るのが良いでしょう。コンクリートでも木でもいいので、触ることで静電気を逃がすことができます。

2.部屋の中では湿度を高くする冬になると乾燥しやすくなって、静電気が発生しやすくなります。湿度が高い状態だと、人の体の中に溜まっている静電気は、空気中の水分を通じて徐々に放出されますが、乾燥していると放出されません。そのため、乾燥している状態では静電気がどんどん溜まる一方で、金属などの電気を通しやすいものに触れると一気に放電されることで、バチッとします。これが乾燥している冬に静電気が起きやすい理由です。そのため、部屋の中にいるときはなるべく湿度を高く保つようにしましょう。加湿器で高くしてもいいし、霧吹きなどでも効果的です。そうすれば、体の中に溜まっている静電気が徐々に放出されて除去できます。

3.ドアノブなどには手のひらで触れるまた、静電気は指先にバチッと来ることが多いでしょう。これは面積の小さい指先から一気に電気が放出されることで、それが局所的に集中するからです。そのため、静電気がバチッときやすいドアノブなどには、指先から近づけるのではなく、なるべく手のひら全体で触れるようにしましょう。そうすれば、体の中の電気が放出されても、局所的には放出されないことになり、バチッとなることを抑えることができます。

4.静電気が起きやすい服は着ないそして、セーターなどを着るときにはバチバチッと静電気の音がすることがあります。それは摩擦によって静電気が発生しているのです。そのような状態になると、セーターに電気が帯電していることになり、体にくっつく感じがしたり、ドアノブなどを触る際にバチッと起きやすい原因にもなります。なので、着用する衣服にも注意するといいでしょう。ウールやナイロンなどの自然繊維は帯電しやすいので避けるようにし、ポリウレタンやポリエチレンなどの化学繊維のものを着用することがおすすめです。

5.鍵などを使って放電させるドアノブや車のドアの取っ手などを触る際には、鍵などの金属類を持って近づけるということで、静電気を除去することができます。鍵を持っていることで、ドアノブに近づいた際に、それを通じて体の中の静電気が放出されます。これは指先がバチッとなる現象と同じです。しかし、バチッとなるのはドアノブに近づけた鍵の先端の方なので、自分は痛みを感じることはありません。結果的に静電気を除去することができるので、おすすめの方法です。特に車に乗り込む際などは鍵を常備していると思うので、やってみるといいでしょう。また、この仕組みを利用した静電気防止グッズとして、キーホルダー型の「ぺんてる 静電気除去グッズ ビー・シェイプ」がおすすめです。カバンなどにキーホルダーとして付けておけば、どんな場面でも使用できるでしょう。
まとめ以上が静電気を防止・除去するためのおすすめの対策です。なるべく静電気が起きやすいものに触るときには、あらかじめ除去しておくということが有効です。そして、乾燥が原因で静電気が溜まりやすいので、部屋の加湿などもしっかりと行うようにしましょう。寒いだけではなく、静電気も発生するという不快は冬な誰もが嫌であると思うので、しっかりと静電気対策をしておくことをおすすめします。

引用元:ART

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます