合コンではこの職業を狙いうちせよ!?意外に高給な仕事7選

viral

eye

景気が上向いてきたとはいえ、就きたい職業で公務員が上位にくる今の時代。「安定感」があり、「そこそこ高給」な仕事が変わらず人気のようです。

そこで今回は、あまり馴染みがないけど意外に高給な職業を7つご紹介します。
1. 航海士
1. 航海士出典 http://nationalgeographic.jp
航海士の給料は非常に安定しています。仕事内容的に、危険も多く責任も重い仕事になりますので、その分給料は高くなっています。新卒の航海士でも初任給で30万円を超すことは普通にあります。

もちろん、勤務先によって待遇は変わりますが、一般企業よりも平均的して給料は高いと考えていいでしょう。航海士は船長、一等航海士、二等航海士、三等航海士といった階級があり、階級が上がるごとに給与や待遇も良くなります。船長や一等航海士になるとかなり給料も高くなり、年収で1000万円を超えている一等航海士も少なくありません。

全体的にみても、年収の水準の高い職種で、航海中は生活費がかかりませんので、お金を貯めやすい仕事と言えるでしょう。
出典 http://careergarden.jp
2. 馬の調教師
2. 馬の調教師出典 http://blog.bigbamboo.jp
調教師の収入は、自分の管理馬をレースに出走させることによる収入、管理馬が勝利したことによる収入、馬主から馬の管理に支払われる収入などからなります。

JRA所属の調教師の平均年収は、約1200万円。有名、有力な調教師ですと、その数倍になります。といっても、自分の厩舎に関わるたくさんの馬や人(馬主、厩務員、騎手)に対する重い責任を背負わなくてはならないのですから、もしかすると競馬界で最もシビアな仕事といえるかもしれません。
出典 http://xn--48s290agvos42a.net
3. 不動産鑑定士
3. 不動産鑑定士出典 http://komekami.sakura.ne.jp
不動産鑑定士の平均的な年収は600〜700万円と言われています。弁護士の1200〜1300万円や公認会計士・税理士の800〜900万円と比べると少し見劣りしますが、平均値でこの金額であればまずまずといったところでしょう。
出典 http://careergarden.jp
不動産鑑定士で一番高給なのは、現実的なところでは外資系の金融関連会社に勤務することです。当然、能力でかなりの差は出ますが、年収1,000万円とも1,500万円になる場合も少なくありません。
出典 http://careergarden.jp
4. 初生ひな鑑別士
4. 初生ひな鑑別士出典 https://www.youtube.com
初生雛鑑別師はれっきとした日本の国家資格で、毎年の合格者数が2~3人程度という資格の中でも最難関の部類に入ります。試験の難易度の高さゆえか、初生雛鑑別師の収入は高い部類に入ります。

初生雛鑑別師の平均年収は「イソ弁」と呼ばれる、雇われ弁護士の平均年収に並ぶ600万円となっているのです。しかも初生雛鑑別師の仕事は週5日フルタイムというわけではないので、人によってはさらに高収入を狙える可能性があります。
出典 http://ocn.study.goo.ne.jp
5. 弁理士
5. 弁理士出典 http://free-photos.gatag.net
弁理士は、産業財産権に関わるすべての事務手続を代理することができる国家資格保有者です。いわゆる「特許事務所」は弁理士が仕事をする主な場所で、すべての弁理士は日本弁理士会の会員となっています。
出典 http://www.jpaa.or.jp
弁理士の年収は、勤務先や経験、勤続年数で相当な差がでます。弁理士の年収の水準は、約700万円程度といわれています。

勤務先は、特許事務所、一般企業がメインとなります。一般企業だと弁理士の資格をもっていても資格手当てとして特別報酬が約5万~10万ほどつくようで、弁理士だからといって年収はあまり変わらないようです。

特許事務所では、特許の実務経験者だと年収も優遇されるようで、年収約800万円ぐらいが妥当といわれてます。
出典 http://www.foresight.jp
6. 学童擁護員
6. 学童擁護員出典 http://experience.ti-da.net
小学校の通学路などで子供を安全に誘導する「みどりのおばさん」(学童擁護)は夫を亡くした女性の失業対策事業としてスタートした当時は日雇いでしたが、非常勤職員を経て、1965年から正規職員に格上げされました。江東区の場合、その月額給与は67万円で年間で802万円(平成13年度実績)にもなります。
出典 http://www.iwao.gr.jp
7. 電車運転士
7. 電車運転士出典 http://minkara.carview.co.jp
電車運転士の平均年収は、都市部の大手鉄道会社では30歳で600万前後、地方の私鉄では400万前後ぐらいとなっています。会社ごとにバラツキがあるほか、各社とも毎年の業績によって多少の波もあるようです
出典 http://careergarden.jp
電車の安全運行のためには、社員が心身ともに健康であることが欠かせないため、鉄道各社は福利厚生にも力を入れています。特にJR各社や大手私鉄など、会社の規模が大きければ大きいほど、福利厚生制度は整っていることが多いです。

具体的な内容としては、社会保険や各種慶弔金制度、クラブ活動、保養所の利用などが可能となっているほか、自社の社宅や病院などの施設を整えている会社もあります。

どうしても勤務時間は不規則になってしまう仕事ですが、その分安定した待遇の下で働ける環境と考えておいてよいでしょう。
出典 http://careergarden.jp

引用元:recolle

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます