セックスをしない日々が5年以上続いた女の末路・・・

viral

eye

人間の三大欲求は食欲・睡眠欲・性欲であると言われています。しかし、食事や睡眠を取らない場合に体に何らかの支障を起こすことはあっても、性欲が満たされないからといってすぐさま健康に害を及ぼすという話はあまり聞かれません(欲求不満が結果的に体の不調につながるケースもあるかもしれませんが)。

今回、お話を聞かせてくれたKさん・28歳は、5年以上セックスをせずに過ごしているのだとか。彼女の「ノーセックスライフ」とは、一体どんなものなのでしょうか?

――最後にセックスしたのはいつですか?

K「23歳の時ですね。当時、私が仕事で転勤になって、大学時代から付き合っていた彼氏と遠距離恋愛になって別れて。それっきりです」

――ちなみに、いままでの経験人数は?

K「6人かな」

――相手は全員彼氏ですか?

K「そのうち2人はナンパされてその日のうちにヤッて、一回きりの相手ですね」

――ご自身の性欲は強い・弱いで言えばどちらでしょう。

K「3年付き合ってた元彼に対しては自分からしたいなって思うこともありましたが、それ以外の相手にはそう思ったことがないので、どちらかといえば弱い方だと思います。基本的に彼がしたいから合わせる、みたいな」

――5年以上セックスしていないとのことですが、その間は全く恋愛してないんですか? オナニーもしないんでしょうか。

K「そうですね。仕事柄、全国各地に転勤になる可能性があって、しかもいつその知らせが来るかもわからないんで、彼氏を作る気になれないんです。もし彼氏ができても、また転勤になったらどうせ遠距離恋愛になるし、と思って。そもそも、縁もゆかりもない土地に転勤させられるので友達や知り合いもいないし、出会いもありません。オナニーに関してはいままで生きてきて一度もしたことがないので、そこは変わらずです」

――現在セックスなしライフを送っていて、何か変化はありましたか?

K「元からあんまり性欲がないので、特に困ることもなかったんですが、だんだん性欲がゼロからマイナスになっていってるなーとは思います。あと、恋愛が身近じゃなくなったせいか、人生で初めてアイドルにハマっちゃって(笑)。いまはBIG BANGのライブに行ったり、彼らのDVDを見ることが生き甲斐ですね」

――性欲がゼロからマイナスになる、といいますと?

K「昔は女友達とエロい話したり、お互いの彼のセックスについて話して盛り上がることもあったんですけど、いまは下ネタですら抵抗を感じるようになっちゃって。女性の下ネタでもキツくなってるのに、職場の男性には軽い気持ちで下ネタを言ってくる人もいて、本当に嫌な気持ちになりますね。心底軽蔑してしまいます」

――下ネタといってもいろいろありますけど、どの程度の下ネタに嫌悪感を覚えますか?

K「うーん。私が5年以上彼氏いないっていうと『じゃあ、その間エッチしてないんだ?』とか『したくならないの?』とか言ってくる男がたまにいて、そういうのはホントに気持ち悪いです。それと、ちんことかまんこも下ネタですかね(笑)? それくらいなら何とも思わないんですけど、具体的にセックスがどうとか、いつしたとかどこでしたとかはあんまり聞きたくないかな」

――女友達からのセックスの悩みなんかもそれに入りますかね。というか、このインタビューで気分を害されたりしてませんか……?

K「大丈夫です(笑)。女友達は結婚してる子も多いので、セックスレスの悩みなんかを持ちかけられることもあるんですが、レスどころか相手もいない私に聞いても何の役にも立たないと思うので『他の人に聞いて』ってはっきり言っちゃいますね」

――そんなふうに自分のセックス観が変わっていったことについてどう思いますか?

K「セックスしなくてもいいと思う反面、もう二度とセックスできないかも、とも思っています。いつか結婚したいし子供も欲しいけど、そのためには絶対セックスしなきゃいけないワケじゃないですか。でも、セックスに向き合いたくない、怖いっていう気持ちがあるので、いざそうなった時に相手を傷つけたり自分が嫌な気持ちになると思うとすごく不安になりますね。もし、セックスは子作りの時のみでいいっていう男性がいたら、少しは頑張ろうと思えるんですけど」

――逆に、次にKさんがセックスする相手が超テクニシャンで、そこからセックスに目覚めるという可能性もなくはないと思いますが。

K「それはそれでいいのかもしれませんけど。でも、もはや処女同然だと思うから1回目は絶対痛いだろうなっていう恐怖心があって。初体験の時もめちゃめちゃ痛くて、『こんなの二度とするか!!』って思ったから、あれをまた経験するのはちょっと……。だから、次に付き合うなら、淡白かつちんこが小さい男性が希望です。そればっかりはデートしても見分けられるものじゃないし、やっぱり当分彼氏ができたり結婚っていうのはないのかな」

セックスしない生活を送っていった結果、性欲の減退だけでなく、下ネタにも抵抗を感じ、セックスそのものへの恐怖心や不安を覚えるようになったという彼女。とはいえ、誰でもしばらく遠ざかっていたものと再び接触する時には多少の不安はあるもの。Kさんが満を持してセックスライフを再開した時にはまたお話を伺いたいものです。
(リオネル・メシ子)

引用元:messy

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます