男性たちが好感をもつ女性の恥じらい5パターン

viral

aaaaaaaaaaaaaaaaaa名称未設定-1

男性はいくつになっても女性の恥じらう姿に好感を持つよう。恥じらいの出すタイミングさえ覚えておけば、女性としての魅力UPに繋がるとも言えますよね。

そこで今回は「男性を惹きつける女性の恥じらい5選」をご紹介いたします。

1.スッピン姿

最初にスッピンを見られる時は恥ずかしかったはずですよね。それが今ではスッピンばかり。スッピン率が高くなってしまっていれば、男性が気になるはずもありません。

スッピンを見せることがいけないのではなく、恥じらう姿が無くなっている事に男性はガッカリしているよう。スッピンを見せるのは特別な人だけで、裸を見られることと同じくらい恥ずかしいことと思うようにして、いつ男性に見られても大丈夫なよう素肌をキレイに保っておきたいですね。

2.下ネタで恥じらう姿

男性が話す下ネタに一緒に盛り上がり過ぎていませんか?下ネタで盛り上がる行為は男性同士で楽しめるもの。女性の前でするということは、女性の恥じらう姿を見たいという気持ちが多かれ少なかれあるのではないでしょうか。また下ネタで盛り上がっている女性は、男性に経験豊富だと誤解されてしまうきっかけにもなってしまいます。

下ネタが話題になった時は、まず恥じらっておきましょう。そして自分の経験話は聞かれても微笑んで隠し通しましょうね。

3.褒められて恥じらう姿

例えば「かわいいね」と褒められて「そんなー」と恥じらう姿は本当にかわいいもの。しかし恥じらいを出さない場合、「男慣れしているから言われ慣れているのでは?」と男性が思うこともあるよう。

いくら言われ慣れていたとしても、褒めてくれた男性に、恥じらいつつ感謝の気持ちを述べるようにしてくださいね。

4.気を抜いた瞬間を見られて恥じらう姿

例えば、思いっきりあくびをしている姿を見られたことに気付いた時、「うわー恥ずかしい」と恥じらう姿も無邪気で無防備な一面が見えてかわいいもの。しかし、そんなプライベートなシーンを見られても、何の恥ずかしさも見せなければ色気の欠片も感じません。

男性は女性の無防備な隙にドキドキするようですので、もし気を抜いた瞬間を見られてしまった場合は、恥じらってモテ仕草に変えてしまいましょう。

5.脱ぐ時に恥じらう姿

裸を見られる事に恥じらいがなくなると男性の興奮は激減してしまいます。例え、何度も見られている相手でも、裸を見せることに慣れてしまってはマンネリにも繋がってしまいますよ。

もし裸を見せることが恥ずかしくなくなっていても、服をゆっくり脱いだり、タオルを羽織るなど隠し気味にするようにしたいですね。

 

引用元:news.livedoor

 

 

 

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます