【絶品】チキンに“100均調味料”をふりかけたところ、信じられない変化が!

viral

フードアナリストの筆者が、“手が込んでいるように見えるのに、安価で時短”なチキン料理をご紹介。100円ショップの調味料でも、ちょっとしたおもてなし料理が作れちゃいます!

img_e1eaaf43244cb2a05148807be3a34af8175762

手が込んで見える料理を作ろうとすると、調味料を揃えるだけでもお金がかかっちゃって…と思いませんか?

自宅クッキングは、時短&安価に仕上がるのが最も嬉しいポイントですが、“煮る・焼く・炒める”の定番調理法の中でも簡単なのが、“煮る・焼く”ですよね。
そして、お腹に満足感が高くて安いお肉といえば…、そう、チキンですよね!

ちょっとしたお客様がいらした時にも使える、“手が込んでいるように見えるのに安価で時短”なチキン料理を、100円ショップの調味料だけで作れちゃったら、試してみたいと思いません?

フードアナリストの筆者が、時短なのにレストラン風に仕上がる一押し安価レシピをご紹介していきましょう!

 

1:トータル150円で見た目華やか低カロリーメニュー

1パック300円~450円程度で売られている「鶏のササミ」は低カロリー&高タンパクなので、ダイエットが気になる方にも自信を持ってオススメできる食材。

和食屋さんなどで出てくる人気メニューの「梅肉和え」で仕上げれば、赤色がアクセントになって見た目華やか! 食卓の主役にできちゃう満足度なんです。

いまや梅肉は、100円ショップでチューブで売られているってご存知でしたか?
この梅肉チューブにちょこっとラー油を足すことで、「酸っぱピリ辛」の梅肉になり、チューブの梅肉をニョロっと乗せるよりグンと見栄え良く手の込んだ印象に。

 

梅肉とラー油をお好みの分量で混ぜるだけ。
ラー油は普通のものよりも「食べるラー油」で混ぜたほうがボリュームが出て、食感的にもプロっぽく仕上がります。

「食べるラー油」ももちろん、100円ショップで買えちゃいます!

 

というわけで、こちらのササミ梅肉ステーキは1本あたりわずか約150円で完成。ササミは冷めると固くなるのでほぐして混ぜておけば、お弁当にも入れられますよ。

2:1人前165円で見た目可愛い懐石風モモ肉ソテー

お次の材料はこちらです。
チキンと、100円ショップで売ってる、ガーリックと岩塩ですね。
これを唐揚げ用サイズで売っているモモ肉にふりかけ、30~1時間程度漬け置きます。
もちろん唐揚げ用サイズに自分で切ってもOKです。この日は唐揚げ用サイズがお安かったのでこちらで作ってみました。

 

そして隠し味として、コチラも100円ショップで売っているジンジャーパウダーをふりかけます。

実は生姜は、お肉を柔らかくしてくれる作用があり、さらに臭みも取り除いてくれるので、肉料理には絶対に必要な隠し味なんです!

面倒な方は、最初の漬け置きのときにふりかけちゃってもOKですが、ふりかけて10分ほど放置したら、お肉を焼きましょう。
鶏肉は火が通りにくいので、蓋をしてじっくりを中まで火を通してくださいね。

出来上がったお料理をレストラン風の仕上がりにするため、最後にもう一手間加えます。

なんと、100円ショップで売っているクルミ!
これをパラパラとお皿にふりかけるだけで…あら、不思議なくらいオシャレな仕上がりになりました。

 

どうでしょう?
懐石料理とかコース料理とかに出てきそうなナッツの遊び具合がテンション上がりますよね。

今回は下味をつけたお肉を焼いてソテーにしましたが、この味付けのお肉を唐揚げにすると普通のお肉よりも柔らかくてジューシーに仕上がるんです。
こちらも1人前はわずか約165円程度で完成する、超便利メニュー。

繰り返しますが、この下味をつけたお肉は本当に何にでも合う万能味なので「お肉を柔らかくしたーい」というお料理のときに、ぜひ下ごしらえに取り入れてみてください。
ジンジャーはパウダーのほうが目立たないので、断然便利です。

ちなみに、下味がしっかりつくので冷めても美味しいからお弁当にもOK。
100均のガーリックパウダーは肉料理のマストアイテムですね!
いかがでしょうか?
100円ショップで売っている調味料でも、手が込んでいるように見えるお料理って、意外と簡単に作れちゃうんです。

フードアナリストの筆者は様々な飲食店に調査にも出ますが、今回ご紹介したメニューは、自宅の来客時にも自信を持ってお出しできる“凝っている風”に見えるお料理です。
よろしければ、ぜひ試してみてくださいね。

引用元:うまい肉

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます