〇〇〇すぎて…『好きでもない男』と付き合っちゃう理由4つ

viral

20140709081613-3082-58_raw

クリスマスに年末年始にバレンタインデーと、なにかとカップルイベントが多い冬は、独り身だと余計に寒さが身に染みちゃいますよね!? つい寂しさを紛らわせたくて、大して好きでもないオトコと出かけたり、付き合ってみたりする女子は結構います。

他にも色々と理由をつけて、そんなに好きでもない男とムダに時間を過ごしたばかりに、運命の相手との出会いを逃してしまう場合もあります。そこで、海外ファッション誌『COSMOPOLITAN』ウェブ版に掲載された記事を参考に、“女が好きでもない男と付き合っちゃう理由4つ”をお届けします。

もし、“自分も当てはまるかも……”という人は、もう一度自分の恋愛を見直すべきかもしれませんよ!

 

■1:イイ人すぎて振るのがもったいない

パッションは感じないけど、イイ人だし無害だから交際を続けている人がいます。確かに良くしてくれていると、自分から別れを切り出して、相手の気持ちを傷つけることを躊躇してしまいますよね。

彼は夢中だけどあなたが彼と結婚する気がないのなら、彼の時間をムダにしてしまうことになります。もちろん、あなたの時間もです! その場で彼の気持ちを傷つけてしまっても、早目に別れることは、長い目で見たらお互いのためになるのです。

 

■2:今まで理想が高すぎたからハードルを下げてみた

今まで理想が高すぎてナカナカ彼氏ができなかったので、かなりハードルを下げたら彼氏ができた……というケース。

けれども、彼のことが好きかと聞かれたら困ってしまう人は、シングルのまま寂しく過ごすべきか好きでもない男と寂しさを紛らわすべきか、天秤にかけてしまうところです。

 

■3:最高じゃないけど最悪でもない

今までマジ惚れして付き合ったオトコ達は、チャラ男にダメンズばっかり……。“熱烈な恋=幸せ”という図式が成り立たないことを悟ったあなたは、最高じゃないけど最悪でもないオトコと腰を落ち着けてしまうのです。

大人になればなるほど、相手の条件で判断して、論理的に恋愛をするようになってしまうのかもしれません。

 

■4:他を探すのが面倒くさい

恋愛の始まりって、仕事の面接みたいなもの。履歴書を見せ合う代わりにデートという形で、お互いの趣味や学歴、背景を学んでいくわけです。この段階は、楽しくもありトキメキもありますが、相手のことを良く知らないという点では“居心地の良さ”を感じられない時期でもあります。

そこで、現在付き合っている彼は、そんなに好きなわけじゃないけど居心地は悪くないし……となると、新しい相手を探すのに腰が重くなってしまうのです。

 

とりあえず付き合っている相手がいると、女性は他の男性に目が向きにくくなってしまいがち。そのせいで、本当は出会うべき人と出会えなかったり、運命の人を見逃している可能性も。

好きでもない男と付き合いぐらいなら、独身ライフをエンジョイしたほうが良いかもしれませんよ!

引用元:men-joy
 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます