知ってる?どーしてもエッチしたくない時に使える断り文句

viral

kiri05

 

彼とのお泊まりデートの時。いつもなら寝る前にセックスするというのがお決まりのはずなのに、なぜか気分が乗らず、どうしてもセックスしたくなくなってしまったことはありませんか?

セックスが嫌いというワケではなくても、実際のところは性欲に波がある人も多いもの。無理をしてまでするものではないですし、当然気分が乗らなければ断るのもアリですよね。

そうはいっても、正直に「今日はしたくない」と言うのも彼を傷つけるような気がしてちょっと心苦しい。なんとかその場の雰囲気を悪くせずに断る術はないものか……。

ということで、今回は現在お付き合いしている相手がいる女性たちに、実際に使ったことがある「セックスの断り文句」を聞いてみました。各々のカップルのお付き合いの形や上下関係(?)が垣間見えそうな予感がします。では早速参りましょう!!

ホスピタリティー精神の裏側

「彼がエッチしたそうな雰囲気を出してきたけど自分はしたくないって時は、『今日は口でしてあげる』って言ってフェラしてイカせて終わらせるようにしてる。どうせすぐイクからエッチするより楽だし、彼は一回イクとなかなか回復しない人だからそのまま寝れる」(26歳/ネイリスト)

「どうせすぐイクから」って、もし彼が聞いたら最高に落ち込みそうですね……。とはいえ、彼女なりに彼のセックスしたい願望に応えようとする気持ちはあるようです。お互い譲歩し合った形ということでしょうか。

鉄板の「月のモノ」

「例え生理が終わったばっかりだとしても『生理きそうだからヤバイ』って言って断る。多分生理の仕組みとか理解してないから『そうなんだ』ってすぐ納得してくれるし。角も立たないし、これに限るっしょ(笑)」(24歳/アパレル)

よくセックスを断る理由として使われる「生理」ですが、そんなに生理が多かったらさすがに彼も気づくのでは? 本当に彼は納得しているんでしょうか。しかし、生理等の体調を理由に断れば「したくないワケではない感」が伝わり、無難とも言えます。「じゃあ口でして」となる場合もありそうですし、男が生理の仕組みどころか辛さや痛みも一切理解できないままになる懸念もあるので、微妙な側面もありますが……。

お楽しみは後で

「とりあえず『朝になったらしよう』って言ってそのまま寝る。朝になったらなったで『出かける準備に時間かかるから後でね』ってごまかすけど。たまに『するって言ったじゃん』って文句言われるけど、ひたすら『後でね』でかわす」(25歳/保育士)

ひたすら先延ばしにして結局ごまかすという人も。二度も期待を裏切られる彼がかわいそうな気もします。これが頻繁なら彼にも不満が溜まるかもしれませんが、こういった流れになるのは彼女いわく「2カ月に1回くらい」らしいので、彼も「しょうがないか」と思っているのかもしれませんね。

なりきりダッチワイフ

「『今日はそういう気分じゃないから、私からは一切何もしないけどそれでもいいの?』って確認して、彼が『それでもいい』って言うなら完全にマグロ状態で受け入れて、いつのまにか私が寝ちゃってることが多い。『そしたら今度にしよっか』って言ってくれる時もあるから、その時はすぐ寝れるし。どっちにしても寝るんだけどね(笑)」(27歳/飲食店勤務)

マグロ宣言の上、彼に判断を委ねるという手法。セックスはできるけど、フェラ等もなく途中で彼女が寝てしまう可能性がある微妙な状況は彼にとって悩みどころかも。もしも一生懸命セックスしている時に相手が寝ていることに気づいてしまったらむなしいですよね。まあ、事前に「自分からは何もしない」と断りを入れているワケですけど……。

自分の性欲に関わらず、彼の欲求を満足させるためのアクションを起こす人もいれば、ごまかし続ける人もいるという結果に。その女性の性格や彼の性格、2人のお付き合いの期間によっても変わってきそうですね。もちろん、女性がセックスしたい時に男性が断るというパターンもあるでしょうし、男性側の断り文句やその本音も聞いてみたいところ。なんにせよ、時折どちらかが断ることがあっても、トータルでお互い満足がいくようなセックスライフを送りたいものです。
(リオネル・メシ子)

引用元:messy

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます