【裏技】使い古しの歯ブラシを元通りにする方法

viral

uploaded

2015年2月5日放送の「あのニュースで得する人損する人」(日本テレビ系)の「家庭で試せる得技を坂上忍が検証」では、使い古して開いてしまった歯ブラシを、元通りにする裏ワザが紹介されていました。

新品に戻るわけではありませんが、1週間くらい寿命が伸びるというものです。

【方法】

1)鍋に歯ブラシの毛先が浸かるくらいの熱湯を沸かしたもの、ボウルに氷水をはったものの2つを用意。
2)毛の部分を下にして歯ブラシを熱湯の中に入れ、円を描くように30秒ぐるぐる回す。
3)次に、ボウルの氷水につけて、10秒くらい軽く回す。
すると、開いた毛先が新品の歯ブラシのように真っすぐに!!

早速やってみた人

出典 http://instagram.com

こちらがビフォー。

出典 http://instagram.com

アフター。少し開きが少なくなっています。

東海大学特任教授の滝川洋二氏によると、歯ブラシの毛はナイロンで出来ているため、このような現象が起きるのだとか。

ナイロンは熱すると柔らかくなり、冷やすと固くなるという熱可塑性の性質を持っているため、熱湯に入れることで歯ブラシの毛が柔らかくなり、さらにそれを回すことで、毛に均等に水圧がかかり、広がった毛先がまっすぐに。その後すぐに冷水に入れ冷やすことで、真っ直ぐな状態が固定されるのだそう。

この生活の知恵はこれまでにも度々紹介されていて、歯ブラシ以外でも効果があったという報告も。

なお、ナイロン以外の毛のものはNG。試すときは、素材が何であるかよく確かめてからにしましょうね。

引用元:Recolle

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます