あったかくて可愛い!グッとお洒落になるマフラーの巻き方5つ

viral
matome_20141203115726_547efaa6c2183
寒い冬に欠かせないのがマフラー!防寒のために毎日身に着けている方も多いと思いますが、その日のスタイルに応じて巻き方は変えていますか?
なんとなく毎日同じやり方で巻いているなら、もったいない!巻き方を変えることによってコーディネートがさらにお洒落に決まりますよ♪

首元ぐるぐる巻き

カジュアルかつ、首元をしっかり防寒してくれるのがこの巻き方。首回りにボリューム感がでるので目線が上に集まり、スタイルアップ効果も。
ヘアスタイルはお団子やポニーテールが好相性◎ こなれ感を演出できます。

一重巻き

ラフに一回だけ巻いたスタイル。ざっくり感のあるロングマフラーを一重巻きすれば、コーデのポイントに。シンプルなファッションで何か物足りないな…という時のアクセントにもなります。

ワンループ巻き

半分に折って輪っかを作り、そのなかにマフラーを通して作るワンループ巻き。定番の巻き方であまり主張しないため、グッドガールな印象に。
品良くまとめたいときや、コンサバファッションのときにぴったりの巻き方です。

首にかける

マフラーを巻かずに、首にかけるだけ。マフラーの柄が映えるので、コーデのポイントにしたいときにはぴったり。
マフラーのつくる縦のラインを上手に生かすには、他のアイテムとのバランスが鍵。ボトムにボリュームがあると重心が下がり少し野暮ったい印象になってしまうので、全体のバランスを見てミニボトムにしたり、ヒールで重心を上げたり、スキニーですっきりとまとめたり…ベストバランスを見極めて。

肩にかける

マフラーを広げて、肩にかけたスタイル。リラックス感がただよい、少し大人っぽい印象にも◎ 毛布をかけているようなあったか感もあるので、冬のほっこり可愛い女子を目指すならおすすめ!

ベルトにin

マフラーをベルトにinしたスタイル。大人っぽくコーデが決まります。
上半身にボリュームがでるので、ボトムはすっきりとまとめるのがおすすめ。ロングブーツに合わせれば、簡単にセレブコーデが完成♪

おわりに

巻き方次第で表情が変わるマフラー。ただなんとなく巻くだけではなく、コーデに合わせて巻き方を変えて、おしゃれ上級者になっちゃいましょう♪
(Yuri/ハウコレ)

引用元:ハウコレ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます