寝る時に“アレ”を意識するだけで美しくなれる 5つの秘訣

viral

aaaaaaaaaa名称未設定-1

寝ている間に美しくなれる!? そんな方法があったら、誰でもすぐに試したいのではないでしょうか。実は、寝る時に“あること”を意識するだけで美しくなれるというのです。

そこで今回は、海外の女性のためのライフスタイルサイト『breaty.』の記事を参考に、“寝ている間に美しくなる5つの方法”を紹介します。

さっそく今晩から実践してみてくださいね。

■1:保湿する

年齢に関係なく、寝ている間の保湿は絶対に行ってください。ヒアルロン酸などが配合されているアンチエイジングクリームを塗って寝ると、肌に潤いを与えられますよ。

保湿をしっかり行うと、肌がきれいになりシワがなくなります。もちろん、手や唇、その他の乾燥しやすい部分の保湿も忘れずに! とにかく徹底的な保湿をすることで、美しさへと近づけるのです。

■2:仰向けでまっすぐ寝る

寝る姿勢は、できるだけ真っ直ぐにしましょう。仰向けに寝ることも重要です。横を向いて寝ると、体が曲がってしまいますし、その状態が癖になってしまうこともあります。それが続くと、しわになってしまうこともあるんですよ!

体はできるだけまっすぐ、仰向けに寝る。この積み重ねが美しさを保つ秘訣なんです。

■3:枕カバーは清潔に

枕カバーはこまめに洗い、清潔に保ちましょう。そして、できればシルクやサテン生地のものを選んでください。皮膚との摩擦が限りなく少なくなりますので、皮膚のしわや細かい傷をつくらずに済みます。

美しさは、こうした細かいことの積み重ねなのですね。

■4:部屋の加湿も忘れずに

寝ている間は、水分を補給することができません。そこで、外部から、つまり肌からの水分補給が必要となってきます。そのため、部屋を加湿しておくことはとっても重要。冬はとくに乾燥しやすいですし、部屋によっては、年中乾燥する部屋もありますから、1年を通して意識してくださいね。

みずみずしいイキイキした肌は、それだけで美しいですよね。

■5:アルコールと塩分の摂りすぎに注意

就寝時間まぎわのアルコール摂取と塩分の摂りすぎには注意しましょう。どちらも、体から水分を奪ってしまいます。睡眠中に体が乾燥することはできるだけ避けたいところ。

もし、アルコールや塩分を摂りすぎてしまった場合、寝る前に水分を十分摂るようにしてください。

以上、“寝ている間に美しくなるための5つの秘訣”をお伝えしましたが、いかがでしたか? ポイントは、寝ている間の保湿や加湿など“水分”をいかにキープできるか、といったところのようです。

女性は、肌がみずみずしくイキイキとしているだけで十分美しく見えるものです。もちろん、化粧のノリも変わってくるでしょう。

寝ている間に美しくなるためには、睡眠中の潤いキープが超重要! さっそく今晩から試してみてください。

引用元:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます