【思わずニヤッ】男子がうれしい告白のされ方4選

viral

eye

愛の告白って一世一代の大仕事のように感じている女性もいらっしゃるのではないかと思います。告白される側だって、一世一代の大仕事のように、ずっと鳴らない電話を見つめていたりします。

「どうせ」告白をするのなら、スマートに、かつ、相手が望んでいるようにしたいものですよね。なんと言っても「一世一代のこと」だから。

今回は何人かの男子に、どんな告白をされたら嬉しいですか? と質問してみました。

さっそくご紹介しましょう!

1:ノリでホテルに・・・

好きとか、付き合ってという言葉はいりません。ただノリでホテルに入っていくというのが好きです」(24歳・IT)

告白を一世一代の大仕事と捉えていたら、告白前に変な空気になって挙動不審になりますよね。そうではなく、流れのなかでノリでホテルにGo!

まあオトナなご意見ですよね。

2:デート中、急に・・・

「デート中に、たとえばただふたりで歩いているときに、急に『好き』とか言われたら最高っすよね」(26歳・広告)

なんでも「急に」されるのが大好きなひとっていますよね。急にデートに誘われるとか、急に告白をされるとか……。急に人生が大転換期に入る……というのは、誰にとってもステキなことなのかもしれません。しんどいこともありますが、ステキです。

3:「どんなタイプの男子が好き?」の答え

「ぼくが彼女に『どんなタイプの男子が好き?』と訊いたときの答えが『あなた』というのがいいです」(23歳・大学生)

中高生くらいから、この手の質問は男女のあいだを行き交っているように感じますが、「あなた」という答えを得られた男子って、意外と少ないでしょうから、こういうシチュエーションを最上のものとしている男子もいるということでしょう。

4:長電話の最後に・・・

「告白って、するほうもされるほうも、パワーがいるんですよね。長電話で体力が消耗しきったときに、告白されるってのが、なんとなく好きです」(27歳・飲食)

8時間、電話で喋って、耳も肩も痛くなってきたころに「好き」と言われたら、ちょっと恍惚としますよね。フルマラソンのゴールみたいな「錯覚」もあるのだと思いますが。

今回のまとめ

いかがでしたか?

草食系男子が多いと言われている時代。女子のほうから、さくさくっと告白してしまったほうが、なにかとスムーズにことが運ぶと思われますので、ぜひ、ご紹介したテクニックを使って、気になる男子を射止めてみてはいかがでしょうか。

 

引用元:恋学

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます