医者が自分では食べない7つの食べ物

viral

AGOHhK

出典 http://www.gettyimages.co.jp

◆食の安全には気を付けよう

私たちが普段口にしている食品の安全には気を使いたいですが、事細かに調べるのは疲れるもの。少なくとも農薬や環境の影響を受けやすい食材については特に注意が必要です。

出典 http://news.livedoor.com

そこで、誰よりも人間の体を知っている医者が「自分は食べない」という食品をご紹介します。

■トマト缶

出典 http://www.gettyimages.co.jp

真っ赤なトマトは太陽の恵みがいっぱい詰まって栄養たっぷりですが、それが缶詰になると話が違うようです。

缶内部のコーティングにはビスフェノールAという有害物質が含まれていまるとのこと。人体に悪影響があるのはもちろん、特に幼い子どもの発育には危険だそうです。缶詰でなくガラス瓶入りなら、BPAの問題は解決します。

出典 http://news.livedoor.com

■アイスクリーム

出典 http://www.gettyimages.co.jp

医師によると、アイスクリームは人間にとって最悪の食べ物だとのことです。

化学薬品、ホルモン剤、殺菌牛乳で作られており、砂糖も大量に含まれています。

出典 http://otomehack.jp

■ メカジキ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「魚にはオメガ3脂肪酸が含まれているから」といっても、どんな魚でも健康にいいわけではないそうです。

魚の中には水銀含有量が多い種類もあり、メカジキもその1つです。特に、妊婦は胎児への影響を考えると危険なので、食べてはいけません。

出典 http://news.livedoor.com

■低温殺菌処理されていない牛乳

出典 http://www.gettyimages.co.jp

低温殺菌処理されていない牛乳は多くのバクテリアが含まれている可能性があるとのこと。牛に与えられる抗生物質やホルモン剤なども懸念材料の1つです。

出典 http://otomehack.jp

牛に与えるエサも、やはりオーガニックのものが良いようです。

■ダイエット飲料

出典 http://www.gettyimages.co.jp

食べ物だけでなく、飲物にも何が入っているかチェックが必要です。

“カロリーゼロ”が謳い文句のダイエット飲料。しかし、その中には確かにカロリーがない人工甘味料がいっぱいです。医師は、「ダイエット飲料と、人工甘味料の入った食品は摂取しない」と言います。

理由としては、消化器官に問題を起こしメタボになったり、脳に悪影響が出たり、関節に問題が出たりするのだそうです。

出典 http://news.livedoor.com

■ベーコン・ハム

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ベーコンやハムなどの加工肉は高脂肪、高ナトリウム、さらに防腐剤として硝酸塩が使われています。

出典 http://otomehack.jp

これら加工肉は胃がんの原因の1つではないかとも言われているそうです。

■ ホワイトチョコレート

出典 http://www.gettyimages.co.jp

チョコレートの主成分・カカオには、気分をアゲてくれたり、ダイエットに効果的だったり、頭をシャープにしたりというさまざまな利点があります。でも同じ“チョコレート”の名でも、ホワイトになると利点がなくなるそう。

利点がなくては、“ただの砂糖の塊”と変わりがなくなり、欠点ばかりなのだそうです。

出典 http://news.livedoor.com

チョコレートを食べる場合は、糖分が少なく、カカオ含有率の高いダークチョコレートにしましょう。

引用元:spotlight-media

 

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます