【たったの3か月で21㎏減!】太り過ぎて死にかけていた彦摩呂さんを救ったダイエット法とは

viral

6542e97f

グルメリポーターとして不動の人気を誇る彦摩呂さん。名言リポートもさることながら、近年では、日に日に丸くなっていくそのカラダにも注目が集まっていましたよね。

ところが、そんな彦摩呂さんが、たったの3ヶ月で-21kg減のダイエットに成功したというから驚き……!

そこで今回は、危険な不摂生ボディの持ち主!? 彦摩呂さんが-21kgも痩せたというダイエット法をご紹介します。

■辛くないの!? 超絶効果の低糖質ダイエットとは

日本テレビ系『PON!』に出演し、たったの3ヶ月で-21kgの減量に成功したことを明かした彦摩呂さん。管理栄養士のサポートを受け、今回チャレンジしたダイエット法が、“低糖質ダイエット”だったそう。

彦摩呂さんの低糖質ダイエットは、炭水化物に含まれる糖質の摂取量を約半分に抑えつつ、繊維質の食物を多く摂取するダイエット法。血糖値の上昇を防ぐ狙いがあります。

血糖値が上昇すると、血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されます。実は、このインシュリンこそがダイエットの天敵! インシュリンは肥満ホルモンとも呼ばれ、糖分を脂肪に変えて蓄える働きがあります。つまり、血糖値の上昇を防ぐことでインシュリンの分泌を抑え、太りにくいカラダに変えるのです。

食材にさえ気を付ければ、1日3食しっかり食べてOKという点も低糖質ダイエットの魅力です。

■今日から実践! 低糖質ダイエット基本のき

低糖質ダイエットの基本となるのが、食品の糖質含有量です。意外な食べ物がNGだったりなんてことも……。早速チェックしていきましょう。

【多く食べてはいけないもの】

・主食類(ご飯、パン、もち、うどん、そば、そうめん、ラーメン、パスタなど)

・粉もの(お好み焼き、たこ焼き)

・いも類(じゃがいも、さつまいも、里芋、山芋)

・根菜類(にんじん、レンコン、ごぼう、たまねぎ)

・かぼちゃ、とうもろこし

・果物やフルーツ缶(バナナ、マンゴー、ブドウ、アメリカンチェリー、パイナップルや桃、みかんなどのシロップ漬け缶詰)

・ドライフルーツ

■積極的に食べるべし! おススメ食材

低糖質ダイエットで主食やおやつを減らした分、積極的に補いたい食材があります。嬉しいことに、お肉は牛、豚、鶏と全てOKな食材です! また、食物繊維が豊富な野菜類は、インシュリンの上昇を抑えてくれる働きがあります。

【進んで食べるべき食材】

・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)

・青魚(アジ、サンマ、イワシ、マグロなど)

・葉物野菜(レタス、キャベツ、ほうれん草、小松菜、水菜など)

・大豆食品(豆腐、おから、湯葉など)

・アボカド、きのこ

彦摩呂さんも激ヤセしたと話題の低糖質ダイエット、その効果は絶大なようですね。”がっつりダイエットをしたい”という方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか? ただし、体調、健康面に留意してトライする際には十分ご注意を!

引用元:美レンジャー

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます