食べすぎ2日以内ならリセット出来ちゃう!?「48時間ダイエット」のやり方とは?

viral

名称未設定-1

ダイエットをするつもりなのに、ついデザートを食べてしまった…あるいは、飲み会などで食べ過ぎて、ダイエットは明日から…と諦めてしまっていませんか?でも3日以内ならまだ大丈夫!食べすぎても、48時間ダイエットでなかったことできるんです。

48時間で体内をリセットできる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「飲食後48時間というのには医学的な根拠もあります。飲み会や食事会で飲食したものが吸収されて、消化吸収や解毒など暴飲暴食したもののダメージを体が克服するまでに48時間かかります。なのでこの時間以内にコントロールするというもの。時間過ごし方で太る・太らないが決まるのです」

出典 http://www.joseishi.net

食べ過ぎても翌日から注意していけば、しっかりと食べ過ぎをリセットしていく
事が出来るんです。

食べたものが翌朝スグに脂肪になってしまうかというとそんなことはありません。翌日からの食事にしっかり注意することでカバーすることができます。

出典 http://yasenainohanaze.seesaa.net

つまり食べ過ぎてもスグには脂肪になりません。大切なのは、そこからの48時間をどう過ごすかということなのです。

そのポイントを4つ紹介していきます。

1. 低カロリーな野菜をたくさん食べる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

食べすぎてから24時間以内は、血糖値が乱れ太りやすい状態に。かといって、絶食するのはNG。野菜やフルーツ中心の低カロリーな食事を心掛けましょう。特に野菜がたっぷり摂れて、胃にもやさしいスープなどがおすすめです。

野菜を食べることの利点は、食物繊維を摂れることです。食物繊維は体の中の
余分な脂肪や糖分を排出してくれる役目をしてくれます。

出典 http://yasenainohanaze.seesaa.net

2. カリウムを摂ってむくみを解消

出典 http://www.gettyimages.co.jp

食べ過ぎのあとは、むくみやすく代謝も下がっています。カリウムはむくみの原因である体の余分な水分を排出してくれます。カリウムはアボカドやキウイ、バナナなどのフルーツやほうれん草などの野菜にも多く含まれます。

3. 食べるなら、お肉よりもお魚

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取すると脂肪が燃えやすくなるといわれています。EPAはイワシ、マグロ、サバ、ブリなどに多く含れています。

EPAは、この脂肪燃焼メカニズムを活性化して、脂肪の燃焼効率を上げていきます。日常的に魚中心の食事をしている方に肥満や糖尿病が少ないといわれるのは、このEPAの作用があるからです。

出典 http://www.skincare-univ.com

4. マッサージと適度な運動で代謝をあげる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

下半身を中心にマッサージすることで代謝を活発にし、むくみも解消されます。あとはいつもより1駅分多めに歩いたり、簡単な運動をして血行を促進すれば、デトックス効果も。水分を多めに取ることも忘れずに。

足のむくみを解消する1分間リンパマッサージ ダイエット 足の1分間リンパマッサージのやり方

出典 http://www.naturaltime.jp

大切なのは「食べ過ぎたから、もっと食べちゃえ」と投げやりにならないこと

出典 http://www.gettyimages.co.jp

食べ過ぎても、48時間以内ならリセットできます。

春は歓送迎会もあり、ついつい食べ過ぎてしまいますが、そんな時こそ自分の体と向き合うチャンスかもしれません。諦めそうになったら、ぜひ48時間を意識してみてくださいね。

[いま話題]【楽天総合1位】山田優も愛用しているグリーンスムージー【シェイカー付き】

引用元:spotlight

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます