女性ブロガーが赤裸々に綴る、マンネリ化しないSEX「12のコツ」

viral

aaaaaaaa名称未設定-1

アメリカのカルチャーサイト、BUSTLEに投稿された女性ブロガーの大胆な記事をご紹介。Facebook上で17,000人がいいねした、「マンネリ化しないSEXの楽しみ方」です。

Gonna Miss You Babe!! <3 (Explored)

確かに、回数を重ねていくうちに良くもなってくるんだけど、反面、どこかで「あ、またそうくる?」な、マンネリ感はついて回りますよね。

じゃあ、どこで突破口を見つけるかというと・・・。


 01.
キスだけじっくり1時間
唇と舌でキモチよく

176/365 - Always Kiss Me Goodnight

ひとえにキスといっても、その方法は様々。フレンチキスだけだと思ってませんか?氷をお互いの口で渡し合う「メルトキス」、お互いの口の中を真空になるほど吸い合う「バキュームキス」。首筋だけとか、背筋を行ったり来たりとか、時間をかけてキスを楽しみましょうよ。

02.
たまには攻守逆転して
リードする側になってみる

いつも相手のされるがままで、受けに徹している人は是非。攻守が入れ替わるだけで、エッチの展開もドラマティックに変わるはず。知らなかった一面が出たりして!?

03.
お互いの「して欲しい」を
恥ずかしがらずに言い合う

She is my drug

結局SEXって、お互いがキモチ良くなれなければ意味がないわけで。ヘンに我慢があったり、フリなんてしてたら不公平。もっとキモチ良くなるために「ここを責めて欲しい」「こうして欲しい」を、きちんと伝えましょう。恥ずかしい?どうせ、裸なんだから。

04.
夜景の奇麗な高層ホテル
カーテン全開で愛し合う

たまには、誰にも見られないような高層階の一部屋を予約して、太陽が出ていようがいまいが、真っ裸で好きなだけ楽しみましょう。開放感で普段以上に燃え上がるはず。

05.
インドの寺院を巡って
カーマ・スートラを体現する

Sex with Playmates

インドの寺院には、男女が抱き合って性交に興じる彫刻がたくさん。これはミトゥナと呼ばれる、古代インドのセックス指南本(本当はれっきとした性愛論書)カーマ・スートラの教えを描いた神聖なもの。旅行ついでに性の極意を学んでみては。

06.
ムリにしようと思わず
スローセックスを楽しむ

近年、巷でも話題の「スローセックス」。単に射精や絶頂を目的としたものではなく、時間をかけてSEX自体を楽しむ行為です。
極端やプレイやポルノまがいの激しさとは真逆の思想。どちらかが自分だけの快楽に走るんではなくて、ふたりがゆっくりとカラダを触れ合わせることで、充足感を満たしていこうというものです。

肉体的な快楽を求める男性と、精神的なつながりを求める女性の、どちらもがちゃんと満足できるSEXの在り方。もう少し暖かくなったら、週末1日裸でゴロゴロなんて良いかも。

07.
たまにはキャンプ場の
テントの中でも・・・

Thompson & Lee

服を脱ぐ→電気消す→ベッドイン。だとしたら、マンネリの原因はココでは?マニュアルなんでないんですから、いつ、なんどき、どこででも。状況が変われば体位も興奮も変わります。あくまで他人に迷惑のかからない程度に!

08.
週に1回は朝イチでSEX

オーガズムは脳に働きかけ、目覚めを良くしてくれるばかりか、最高の一日をスタートさせてくれます。酸素と血流を脳に送り届けることで、脳全体が活性化していきます。

09.
目隠しプレイで興奮度UP!

Blindfold

電気を消していても視界ってあるものですよね。目隠しだと、本当に何も見えない、まったくの別世界。「自分は見れないのに、相手には見られている」。このゾクゾク感にきっと興奮度も最高潮。

10.
声出し厳禁!制限付き
シチュエーションでプレイ

喘ぎ声一切禁止。なんて言われたら、逆にそそられませんか?キモチ良いに我慢を加えて、いつも以上の妄想プレイを楽しむのもGOOD。

11.
ローションは「心の潤滑油」
お風呂でヌルヌルを楽しむ

数あるアダルトグッズの中でも、ハードルも低く挑戦しやすいのが潤滑ローション。じつはこれ、愛を深めるには最適なギアなのです。そもそもヌルヌルプレイはふたりの距離を縮める潤滑油の役割があります。お風呂で思いっきりヌルヌルを楽しんで。

12.
逆説的に、SEXをしない
禁欲期間を設ける

要は、いつでもしたいときにできちゃうからマンネリが進むワケ。だったら逆に、ちょっと我慢する期間を作ってみません?禁欲中でもキスまではOKとかスキンシップまでなど、細かな設定を組めば、じらされて続けて、いざって時に爆発的なSEXが楽しめるはず。

引用元:tabi-labo

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます