絶対に整形なしで自力で二重まぶたになりたい人がやるべきコト3つ

viral

zzzzzzzzz名称未設定-1

 

『絶対に整形なしで二重になる!』

パッチリ二重というのはやっぱり女性の憧れ。それだけで顔の印象というのは全然変わってくるし、目が大きくなることで小顔に見える効果だってありますよね。だからと言って整形するのもなぁ…という人も多いと思うので、まずは自力で二重にチャレンジしてみましょう。

そんな二重になるために一番大切なのはまず痩せること、そして跡をつけることです。ただし、こうした方法というのは、あまりやりすぎるとたるみの原因になったりして逆に二重になりづらくなるので、長い目で見てのんびりとやりましょう。

 

まずは脂肪を燃やすのが大切!

 

まずはダイエットしたり血行を良くしてまぶたの脂肪を減らしましょう。整形手術でも二重のラインを付けるだけでなく、このまぶたの脂肪を抽出するというケースもあります。

 

1. 目の周りを温めて冷やすfutaeeye.livedoor.biz二重まぶた自力で 「二重まぶた自力方法:温冷交代タオル法」 ※ステップ1:二重まぶた自力で!二重…

まずは蒸しタオルを5分間、目に乗せます。次に水で濡らして絞った冷たいタオルを1分間乗せます。これを2~3回繰り返しましょう。こうすることで血行がグングン良くなるので、脂肪燃焼に効果的です。

 

2. ツボを押してさらに血行を良くするrosamayumi.com一重まぶたを二重に!自力で二重にするための6ステップ

眉間のすぐ下、骨が少し落ち込んでいるところに親指を当て、1分間押します。グイグイ押すのではなくグーッと押さえつける感覚でOKです。これでさらに血行が良くなります。

 

3. 優しくマッサージをするdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp中②の女子です!私は目が一重で、細いんです・・・。いじられキャラのせいも… – Yahoo!…

まずはアイクリームなどを塗って滑りを良くしてください。そして人差し指の腹で、まぶたの目頭から目尻にかけて少し強めになぞります。目尻まで来たら指はそのままにしておいて、次に中指で同じように目頭から目尻までゆっくりなぞります。二本の指が揃ったら、脂肪をこめかみに流すような意識で目尻側に流しましょう。これを片目ずつ10回ほどやってください。

 

そしたら跡をつけよう!

 

痩せてまぶたの脂肪が落ちてきたら跡がつきやすくなります。

 

1. まずはラインができやすいところを探るosouji62.blog.fc2.com生活向上ちゃんねる 一重から自力で二重になったけど質問ある?

目を見開いて、眼球をなぞるようにしたところの線が一番定着させやすいです。そこだと見た目がおかしくなるという場合はお好みの場所で。こうやって一度決めた線は絶対に途中で変えないように、ずっと同じところに線を作り続けてください。

 

2. そこに毎日ラインをつけるosouji62.blog.fc2.com生活向上ちゃんねる 一重から自力で二重になったけど質問ある?

場所を決めたら、アイプチの棒やアメピンの丸い部分などでこまめに優しくなぞってみてください。線がついたら目を見開いて上目遣いにしてから目を戻すと、まぶたが線の上にかさばる感じになります。

 

3. さらにラインを定着させるosouji62.blog.fc2.com生活向上ちゃんねる 一重から自力で二重になったけど質問ある?

上目遣いにしながら眼球を左右に動かして、さらに定着させていきます。これを二重の線がしっかりと定着するまで続けてみてください。

 

このライン付けをやることで、こんな感じから…

 

こんな感じになれたんだそうです。

 

注意しておきたいポイントは

 

1. 目の見開き方も大切tarchan.jpまぶた編

眉を上にあげることなく、目玉を少し奥に引っ込めるような感じで見開きましょう。慣れてきたら上目遣いでもやってみて下さい。これを目が痛くならなくなるまで繰り返し、常にキープできるよう心がけてください。

 

2. アイプチはあまり使わないほうが良いtarchan.jpまぶた編

アイプチを使ってたら二重になったという話もありますが、アイプチは肌が荒れやすいです。ひどい場合はまぶたが腫れ上がってしまい、使う前よりもかえって分厚くなったりたるんでしまうことがあります。それを回避するには、ローヤルアイムやアイテープを使ったほうが負担が少ないです。

 

3. 眼瞼下垂になる可能性がある?uni.2ch.net騙されるな!二重まぶたは簡単にできる。

まぶたの筋肉をつけすぎたり、マッサージをしすぎていると稀に眼瞼下垂になることがあるという話もあります。が、本当にこうしたことが原因なのかはまだはっきりしていないようです。また、整形をするよりは圧倒的にリスクは低いとのこと。肩や首が痛くなってきたら一応注意しましょう。

引用元:m3q

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます