彼が「エッチしたくなる」ベッドの作り方

viral

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa名称未設定-1

 

一人暮らし女子の皆さん。部屋に入ってもらった瞬間、彼をムラムラさせられたら…って思いますよね。

エッチをする場所といえば、ベッドが定番ですが、いったい、どんなベッドが男性の理想なのでしょうか?

そこで今回は、「男性がエッチしたくなるベッドの作り方」を5つご紹介します。男性の意見も取り入れましたので、参考にしてくださいね。

1.シーツは「濃い色」

「淡い色のシーツだと、『俺の体液で汚してしまうんじゃないか?』や『バックでエッチしたら、彼女のお化粧がベッタリ付くんじゃないか?』と、色々な心配をしてしまう。だから、シーツは濃い色がいい。思う存分、エッチに没頭できそう」(22歳/銀行員)

彼に「いらぬ心配」をさせないようにしましょう。そのためには、シーツを買い直す必要があるかもしれません。

2.「爽やかな香り」がする

「部屋に入った瞬間、『ん?いい香りがするぞ』と、香りの元を辿ったら、そこはベッドだった…という展開が理想かな。男はみんな、シトラスやミントなど、爽やかな香りが好きだよ」(26歳/営業)

ベッドに吹きかける消臭スプレーは、香り付きのものをチョイスしましょう。ただし、ローズやバニラなど、甘い香りは好き嫌いが分かれます。自分の好みではなく、彼の好みに合わせましょうね。

3.シーツや枕カバーを「定期的に洗う」

「清潔感のあるベッドでエッチをしたい。だから、シーツや枕カバーは定期的に洗ってほしいなあ。昔の彼女は『やばい、3ヶ月洗ってない』と言ってたけど、正直笑えなかったし、エッチする気も失せたね」(23歳/広告)

洗濯機に入れて、物干し竿で干すだけのこと。「面倒くさいなあ」と思うかもしれませんが、彼の顔を思い浮かべれば、行動に移すことができるでしょう。

4.「バッグ」や「服」を置かない

「ベッドの上に、その日に使ったバッグや服を置く彼女。正直、ゾッとする。だって、外の菌がベッドに付着するんだよ?とにかく、ベッドはキレイに保ってもらわないと、性欲は湧いてこない。バッグや服を置かなければいいことなのだから、どうか頑張ってほしいなあ」(20歳/専門学生)

菌は目に見えないもの。彼を安心させるために、服は洗濯機の中へ入れましょうね。バッグは床に置くか、どこかにぶら下げるようにしましょう。

5.「ぬいぐるみ」は別の場所へ移動

「ベッドの上は、余計なものがない状態がベスト。ぬいぐるみは、別の場所に移動してくれると非常にありがたい。腰を振っているとき、ぬいぐるみと目があったら、なんだか気まずいからね」(25歳/公務員)

女子はぬいぐるみが大好き。「いまだに一緒に寝ている」という人も少なくないでしょう。しかし、エッチ中は彼のことだけを見るようにしましょうね。

いかがでしたか?

床に掃除機をかけても、棚の上を整理しても、マグカップをピカピカに磨いても、ベッドが汚かったら台無し。彼を萎えさせてしまいます。

逆に、ベッドを美しくキープすれば、他がちょっと汚くても許されるかもしれません。きっと、ラブラブなエッチをすることができるでしょう。(modelpress編集部)

引用元:mdpr

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます