な、なんと!!厚揚げにはこんなにも驚きの効果が!!実はすごい食材だったんですね・・・

viral

1504305top

美容に良い食べ物といえば、豆腐や豆乳などの大豆製品を思い浮かべる人も多いですよね。「カロリーも少ないし、やっぱり豆腐が一番」。もちろん豆腐が持つ栄養成分はすばらしいものですが、それなら「厚揚げ」の方がスゴイんです! 油で揚げているから美容的にNGでしょ……と思われがちな厚揚げですが、実は大豆製品の王様なのです! 今回は、美味しい厚揚げの美容効果に注目してみましょう!

厚揚げには、大豆製品特有の栄養素がギュッと凝縮!

油で揚げているので美容的にちょっとNGなのでは……? と思われがちな厚揚げ。確かに豆腐と比べてカロリーはアップしますが、美容成分もアップしています! 同量の木綿豆腐と比べると、カルシウムは約2倍、鉄分は3倍、たんぱく質はなんと5倍。厚揚げの方が高い栄養素が含まれているのです。女性に良いといわれる大豆製品特有の成分が最も凝縮された食べ物が厚揚げなのです。

栄養の高さは、絹ごし<木綿<厚揚げ!

豆乳ににがりを加えてそのまま固めた「絹ごし豆腐」。絹ごしに重しをつけて水分を抜き凝縮させたものが「木綿豆腐」、さらに水気を切って揚げたものが「厚揚げ」。水気を切ったぶんだけ、栄養素もどんどん凝縮されていきます。

お腹の満足感も倍! ダイエットにも使えます

豆腐では「お腹が満足しない」というのが本音ですが、厚揚げならその食感、ボリュームのおかげでお肉のかわり、パン、ご飯のかわりとして代用することも可能です。食べたときの満足感が高いことも魅力のひとつ。煮たり、炒めたり、焼いたりと、レシピのバリエーションもつけやすいので使いやすい! お味噌汁に加えるだけでも満足感は倍に。食べ過ぎを防いでダイエットにも役立てられるのがうれしいですね。

厚揚げはコレと組み合わせると美容効果アップ!

厚揚げとの食べ合わせでオススメされているのは、カルシウムの吸収を高める「ビタミンD」、鉄分の吸収を高める「ビタミンC」を含む食材です。ビタミンDはしらす干し、鮭、いわしなどに、ビタミンCはブロッコリー、キャベツなどの野菜や果実に多く含まれています。

食べる前に熱湯で油をオフすると◎

とはいえ、揚げ物はやっぱり油分が気になるという方も多いかもしれません。そんな方は、調理前の厚揚げに熱湯をかけて! 油を落としてカロリーをカットすることができます。味も染み込みやすくなり、一石二鳥です。ビタミンの多い青菜などと合わせて美容成分をしっかりチャージしましょう!

まとめ

中華、ベトナム、タイ、インドネシアなどアジア各国の料理に使われている厚揚げ。和の調味料はもちろん、ケチャップやナンプラー、豆板醤などにもよく合います。その満足度から欧米諸国ではベジタリアン食材としてお肉のかわりに使われることも。まずは毎日のお味噌汁に加えて、大豆製品が持つ栄養素を補給してみてくださいね。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます