アヒル口の次はこれ!最旬のモテ女子の表情がこちら

viral

nnp_804c9a16-7142-435f-aed9-25ac8fa7a4cc_thum630

InstagramやTwitterなどのSNSはもはや女子たちのライフライン。カフェやスイーツの写真はもちろん、今日のメイクやアクセサリーを添えたかわいい自撮りを載せることもモテ女子の大事な日課となっています。そんなモテ女子たちの自撮りに、今ちょっとした変化が起こっています。ちょっと前まで、自撮りといえば彼氏とキスする寸前のような、きゅっとしたキュートな唇が特徴の「アヒル口」が主流でした。しかしそんな流行も、今は昔。今、最旬のモテ女子の表情は、「ちゅん顔」なのです。一体全体、ちゅん顔とはどんなものなのか?今回は自撮り界を賑わす新たな流行である「ちゅん顔」に迫ります!

■ 「ちゅん顔」ってどんな顔?

「ちゅん顔」とは、ぽやっとした無防備な瞳で相手をみつめ、唇を「ちゅん」と音がかすかに立つくらいのイメージでほんの少しだけ小さくあけた表情。アヒル口よりも自然ながら、ぼんやりした瞳とかすかに開いた唇が、なんだか放っておけない感じや、一緒に目覚めた朝の寝起きの表情のようなセクシーさを演出してくれます。言うならば「守りたいセクシーさ」といったところでしょうか。自撮り写真にもちゅん顔は適しています。キメキメに狙った笑顔よりも、ちょっと垢抜けて飾らない表情を作ることができ、今やSNSを「#ちゅん顔」のタグが埋め尽くすほどの大人気。

■ 「ちゅん顔」の「ちゅん」はスズメの「チュン」

そもそも、「ちゅん顔」の「ちゅん」は、とってもかわいい小鳥、スズメのさえずりの「チュンチュン」からきているそう。たしかにこうして見てみると、スズメのくちばしはは小さくまとまっていてとってもかわいい形をしています。唇の厚みとセクシーさがウリだった以前の流行の「アヒル口」ですが、「ちゅん顔」は逆に唇をスズメのように小さくまとめているのが特徴です。

■ 正直、アヒル口と見分けがつかない?

女の子に「守りたいセクシーさ」を与えてくれるちゅん顔ですが、ネットでは「アヒル口と何が違うの?」という声も多々ありました。たしかに、同じ鳥系の顔で、ちょっと似ていますが、比べてみると、ぜんぜん違う印象の顔なのです。

◎ アヒル口

アヒル口のウリはなんといってもその唇。きゅっと持ち上げられたセクシーな唇は、ちょっとキスを誘ってるようにも見えます。目元も少し挑戦的に上目遣いで、徹底的にセクシーに特化しているのがアヒル口です。

◎ ちゅん顔

一方ちゅん顔は、微熱がありそうなぐらいのぼんやりした瞳と、「あ、開いちゃった?」くらいの唇の開きがポイントです。口がぽかんと開いている人のことを「アホ面」なんて言ったりしますが、つまり口が開いている=「スキがある」ということなのです。放っておけない、守ってあげたい、そんな「スキ」をちゅん顔でつくることで、秘められたセクシーさを演出できるのです。

■ ちゅん顔を作るメイク

ちゅん顔でほんのりセクシーモテ女子になりたい!そんな時は、まずメイクからちゅん顔仕様に変えてみましょう。ちゅん顔は作れます。しかも、特別な道具は全く必要ありません。いつものメイクを、ちょっと引き算・足し算するだけなのです。それではポイントをご紹介します。

◎ アイメイク:ツヤ感とナチュラル感がキモ!

ちゅん顔は、ぽやんと無防備な瞳も魅力。なので、アイメイクは、ピンクブラウン系のシアーなアイシャドウでツヤと血色を出すぐらいで大丈夫です。まつげも、セパレート系のマスカラを軽く塗るくらいで十分。赤ちゃんのようなやわらかくてトゲのない目元をつくりましょう。

◎ まゆげ:太め眉で無造作に!

顔の印象を決める大事なパーツである眉毛。ちゅん顔にぴったりの眉毛は、太めのボサ眉。ちょっと垢抜けない印象になりがちなボサ眉ですが、この決めすぎていないヌケ感がちゅん顔との相性がバツグンなのです。眉マスカラを使ってブラウンのふんわり眉毛に仕上げれば、アイメイクと相まって「ぽやっ」としたかわいい目元ができあがります。

◎ くちびる:白みピンク系のグロスで初々しいツヤ!

そして肝心・要の唇は、白みピンク系のグロスがおすすめ。大人っぽい赤やフューシャピンクよりも、さくらの花びらのようなほんのり色づいたミルキーピンクがちゅん顔の無防備感と秘められたセクシーさを上手に演出してくれます。また口紅ではなくグロスを使ったほうが、ナチュラルなツヤ感が出てちゅん顔に合います。

■ この夏はちゅん顔で決まり!

ナチュラルなツヤとヌケ感でつくる「ちゅん顔」。これまでのお決まりメイクをチェンジして、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?新しい表情と新しいメイクで、新しい自分と出逢えば、思わぬ嬉しいハプニングもあるかもしれませんよ。

(著&編集:nanapi編集部)

引用元:BIGLOBEニュース

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます