本当はやってみたいけど、恥ずかしくて恋人にできないこと8つ

viral

muškarac žena seks krevet

恋人同士の甘い雰囲気にまかせて、他の人には見せられないような「ちょっと恥ずかしい姿」を恋人に見せている人もいるのではないでしょうか。その一方で、「(自分のキャラなどを考えると)恥ずかしくて…」ということもあるはず。「本当はやってみたいけど、恥ずかしくて恋人にできないこと」について聞きました。

■幼い言動で甘えたい
「幼児言葉を使ったり、子どもっぽく駄々をこねて甘えたい。休日の朝などに『やーだ、やーだ、まだ寝るの!』などと言ってみたいが、自分が年上ということもあり出来ない」(神奈川・31歳女性)

恥ずかしい気持ちは分かりますが、実行したら意外に年下の彼氏は喜ぶかもしれませんよ。

■サプライズでプレゼントしたい
「誕生日やクリスマスなどに関係なく、サプライズでプレゼントを渡したい。あっさりと『コレ買ったから』と渡したいが、どうしても抵抗がある」 (岡山・27歳男性)

何気なくサラッとプレゼントを渡したら、99%は彼女も喜びますよね。それを分かっていても実行に移せないのが、「恥ずかしさ」の威力です。

■エッチな下着を着て誘惑したい
「たまにはちょっとエッチな下着を着て、彼氏を誘惑してみたい。でも、友達関係が長かった彼氏なので、そういう恋人的な雰囲気を出しにくい」(神奈川・26歳女性)

付き合うまでの過程も「恥ずかしさ」の要因になりそうですね。確かに友達関係が長いと、相手の恋人も照れくささを感じてしまうかも。

■コーディネートされたい
「彼女と一緒にお店に行って、服を選ぶこと。相手はファッションに詳しいのでコーディネートしてもらいたいが、彼女の言う通りに服を決めている自分が恥ずかしい」(香川・31歳男性)

彼氏の複雑な心境が垣間見える回答。余計なプライドは捨てて、素直になればいいのに!と思った人は、少なくないのではないでしょうか。

■一緒にお風呂に入りたい
「彼氏と一緒にお風呂に入りたい。海外ドラマなどのように、泡いっぱいのお風呂に浸かってキャンドルを灯したいけど、顔や体を洗っている姿を見られるのに抵抗がある」(静岡・29歳女性)

一緒にお風呂に入るなんて、素敵な恋人タイムにしか思えないのですが、意外に恥ずかしい人はいる様子。一度乗り越えたら、毎日のように一緒にお風呂に入ってしまいそうですが。

■友達の前でイチャイチャしたい
「友達の前で恋人と腕を組んだり、ベタベタしたりすること。知らない人の前ならできるが、男友達の前だとどうしても恥ずかしい。そのため、いつも彼女に対して素っ気ない態度になり、怒られる」(長野・30歳男性)

男友達の前であまりイチャイチャすると、後になってからかわれそうな気もします。そういった要素も背景にあるのではないでしょうか。

■イケメンだよ!と伝えたい
「彼氏は自他ともに認めるイケメン。だから本当は、普段からそのビジュアルを溺愛していることを伝えたい。でも自分は年上だし、相手から引かれそうなので出来ない」(東京・22歳女性)

ある意味、うらやましさを感じる回答ですね。「年上」というのは、恥ずかしさを感じる大きなポイントになっているようです。

■抱きついて寝たい
「一緒に寝る時は、彼女に抱きついて寝たい。特に酔っぱらったときは甘えたくなるのだけど、マザコンっぽくなりそうで恥ずかしい」(長野・25歳男性)

暑苦しいかもしれませんが、酔っているときだけなら彼女も許してくれるかもしれませんよ。

恥ずかしくて恋人にできないことがある場合、もしその行為をしたら恋人がどんな反応をするかテストしてみるのもいいかもしれません。たとえばそういったシーンがある映画を一緒に見たり、ちょうどその行為をしている街中のカップルを見てみたり。そのときの恋人の反応を参考にしてみるのは、いかがでしょうか。
(有井太郎+プレスラボ)

引用元:PEACHY

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます